Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

春風亭昇太「“どこが具合悪いんだ! だまされた!”と思って(笑)」落語芸術協会・会長就任の舞台裏を語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR『SPEAKEASY』。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”『TOKYO SPEAKEASY』。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 6月16日(火)のお客様は、落語家の春風亭昇太さんと俳優の六角精児さんです。

◆昇太「“具合が悪い”って言われたら…」

昇太:(六角さんは)いろんな作品に恵まれ、好きな音楽をやり……なかなかいい人生じゃないですか。 六角:その通りなんですよ。やっぱり、脚光を浴び過ぎたら大変じゃないですか。 昇太:うん。 六角:だけど、脚光を浴びなかったり、誰からも必要とされなかったら、それはそれで少し寂しいじゃないですか。だから、今の自分の“出過ぎず消えず”みたいなスタンス。これが、やっぱり1番いいのかなと思って。 昇太:大事だと思うな。とにかくね、“先頭に立たない”というのは大事なことですよ。 六角:でも先頭じゃないですか、師匠。落語芸術協会の会長さんでしょ? 昇太:だからダメだなと思って(笑)。本当は、そういうんじゃないんだよね、僕みたいなのは。 六角:正直、芸術協会の会長さんになるとは思わなかった。 昇太:いや、僕もなるとは思わなかったですよ。 六角:でも引き受けたのは、どうして? 何かあったんですか? 弱みを握られているとか。 昇太:いやいや(笑)。(就任前は)桂歌丸師匠が会長さんで、三遊亭小遊三師匠が副会長だったの。それで、歌丸師匠が亡くなった。そうしたら、普通は小遊三師匠がやるじゃないですか。副会長が。 六角:順序としてはね。 昇太:そう。それが順序だから。そう思っていたら小遊三師匠が、「俺はちょっと体の具合が悪い。若い人たちにやってもらわないと困る」って言い出して。70歳過ぎの人に、“体の具合が悪い”って言われたらしょうがないじゃん。だからまぁ……引き受けることになったんだけど。 六角:そのときに“次に誰がやるか”っていう、サジェスチョンのようなものはなかったのですか? 昇太:いや、会長指名みたいなところがちょっとあって。 六角:なるほどね。師匠から指名されたのですね。 昇太:指名されちゃったの。それでその後、小遊三師匠が、すごいニコニコしながら、楽屋に入ってきてさ、“コンペで優勝した”とか言ってるのさ。“どこが具合悪いんだ! だまされた!”と思って(笑)。 六角:ハハハ! そういう役職にはつきたくなかったのかもしれないね。 昇太:そうかもね。もうちょっと、ダラダラ行きたかったんですけどね。

【関連記事】