Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場する未来ガジェットはどれくらい実現している?

配信

エキサイトニュース

デロリアン型のタイムマシンから、空飛ぶスケートボードまで、死ぬまでには実現してほしいテクノロジーが目白押しになっている『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズだが、製作された1985年から35年経った現在、実現されている技術はどれくらいあるのだろうか。 今回は、2020年夏に日本上陸予定のシリコンバレー発の体験型店舗「b8ta(ベータ)」の日本代表・北川卓司氏に「バック・トゥ・ザ・フューチャーに出てきたテクノロジーがどれくらい実現しているのか」、「私たちにも買えるバック・トゥ・ザ・フューチャーのガジェットは?」などの質問をぶつけてみた。

――映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は3部作なんですが、細かく数えると登場するガジェットやテクノロジーは全部で39種類あります。 北川卓司(以下、北川):登場するテクノロジーの一覧を見てみると、確かにこの映画で描かれている “未来” に今が近づいてきているなと思いますね。すでに実用化されているテクノロジーもたくさんあります。 ――映画でもっとも有名な「空飛ぶタイムマシン」のデロリアンはまだ実現されていないですね。 北川:タイムマシンはさすがにまだですが「空飛ぶクルマ」ならありますね。ドイツのミュンヘンに「空飛ぶタクシー」を開発しているLiliumという会社があるんですよ。 Liliumは開発のためのお金もかなり集まっていて、恐らくこれが今もっとも「空飛ぶクルマ」に近いんじゃないかと思います。クルマと呼ぶにはちょっと大きいですけどね(笑)。 ――まさか本当に「空飛ぶクルマ」が実現されそうとは初めて知りました! 北川:それから、映画でデロリアンは生ゴミなどのバイオ燃料を使って走っていますが、これも実現されそうですね。ミドリムシを使った事業で知られる日本のユーグレナ社が、バイオ燃料で飛行機を飛ばす開発を進めています。 ――すごい、あとはタイムマシンさえ発明できればデロリアンが完成しますね……! 空飛ぶクルマもバイオ燃料も、私たちが知らないところでどんどん進化していることにビックリです! 実際に私たちが買えそうなものは?

【関連記事】