Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

愛くるしい笑顔がトレードマーク!日本ハム次世代のスター候補生・田宮裕涼への期待

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

「うまく打っていたね。ここ一番で力を発揮できるのは良いことだし、いいものを持っている」と、栗山英樹監督もフレッシュなスター候補生の活躍に目を細めた。  日本ハム・田宮裕涼。鎌ケ谷のファンにはすっかりおなじみの存在であり、甘いマスクと愛くるしい「ゆあスマイル」で女性人気も沸騰中の2年目捕手だ。そんな男に大きなチャンスが訪れたのは9月27日のオリックス戦(京セラドーム大阪)。脳振とう特例措置で出場選手登録を外れたビヤヌエバの代替選手として26日に緊急昇格。目標にしていた一軍デビューは、思いがけない形でいきなりやってきた。  試合はベンチからのスタートとなったが、二軍とは違う独特の緊張感と雰囲気、先輩たちのプレーを見つめながら出番を待ち続け、8回の守備からグラウンドへ。ベテラン右腕の金子弌大とバッテリーを組み、その回を0点に抑えた。さらに9回には「フォークを前で拾えました」と、漆原大晟からセンター前にプロ初打席で初ヒットをマークした。  巧みなバットコントロールと広角に打てる打撃は入団時から評価が高く、この日のヒットも田宮の非凡な能力を感じさせるものだった。それだけに課題はインサイドワークを含めた守備力の強化。「ゆあビーム」と呼ばれる強肩、さらに俊足は一軍レベルにあるが、そのほかの部分はまだまだレベルアップが不可欠。それでも持って生まれたスター性、指揮官も評価した、ここ一番のチャンスをモノにできるハートの強さは持っている。  ブレーク必至の20歳の若き超新星が、下位に低迷するチームの希望の光となる。 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】