Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

みんなの年金額と、老後に必要な生活費はどれくらいか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

2019年に「老後2,000万円問題」が大きな関心を集めましたが、2020年のコロナショックを機に「仕事やお金のこと、老後や年金のことが心配だ」と改めて感じた人も少なくないでしょう。一方、将来もらえる年金や出費のことがわかれば、早めに対策をはじめることも可能です。

年金はどのくらいもらえるのか

はじめに、年金がどのくらいもらえるのかについて押さえておきましょう。  サラリーマンの年金額は?  民間企業に勤めるサラリーマンは、国民年金と厚生年金の両方に加入しています。厚生労働省の「厚生年金保険・国民年金事業年報」によると、厚生年金保険(第1号)の平均年金月額は14万3,761円です。男性が16万3,840円、女性が10万2,558円となっています。  国民年金は?  同資料によると、国民全員に加入義務がある国民年金の平均年金月額は5万5,708円です。男性は5万8,775円、女性は5万3,342円となっています。

夫婦2人の老後に必要なお金は22万円

つぎに、老後の生活費についてご紹介します。生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」(2019年度)によると、夫婦2人の老後生活に必要だと考えられている最低日常生活費の平均は月額22.1万円でした。 ・老後生活を送るうえで必要と考える最低日常生活費・・・平均22.1万円/月 ・ゆとりある老後の生活を送るために必要と考える生活費・・・平均36.1万円/月 たとえば、共働き世帯で夫が16万円、妻が10万円の年金をもらった場合の世帯年収は26万円となり、最低限度の生活費は十分まかなえます。ただし、ゆとりのある暮らしをするためには10万円ほど足りません。 一方、夫がサラリーマンで妻が専業主婦だった場合の世帯年収は約21.7万円です。赤字が出た場合は、蓄えを取り崩して補填することになるでしょう。 「老後は趣味や旅行を楽しみたい」という夢を抱く人も多いかもしれませんが、十分な蓄えがないとゆとりのある暮らしをするのは難しいようです。

【関連記事】

最終更新:
LIMO