Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

苦しむ堂林翔太を見守り続けた“2人の人物”も認める打撃の変化。

配信

広島アスリートマガジン

 開幕から1カ月以上が経過しても、カープ堂林翔太はセ・リーグ打撃トップテンの上位に名を連ね続けている。そんな堂林も2012年一軍デビュー以降は年々一軍での出場機会を減らし、昨シーズンまでは二軍でのプレーが主戦場となっていた。 【写真】堂林が師と仰ぐ、あのOBの若き日の姿!  一軍で結果を残せず苦しむシーズンが続いたここ数年、堂林はさまざまな人物からアドバイスを受けてきた。そんな堂林を近くで見守り続けてきた“2人の人物”が感じた、堂林の打撃の変化とはどのようなものだったのだろうか。  今季から一軍打撃コーチに就任した朝山東洋コーチは、昨季まで長年二軍コーチを歴任。若手に交じり、黙々と練習を続けていた近年の堂林を朝山コーチはこう見てきた。   「ここ数年、二軍で毎年結果を残していましたが、一軍で結果を出せないシーズンが続きました。一軍の投手のキレとスピードという部分に対して、良い日があってもすぐに悪い日になったりと、再現性に欠けるところがあると感じていました」  2015年以降、堂林の一軍出場機会は激減した。だが二軍では毎年のように3割前後の打率を残して意地を見せていた。 「正直なところ、何度か自分でも腐りそうになるときはありましたけど……そこをずっと堪えて、諦めるということはなかったので、『何か良いことがある』と思いながらずっと練習を続けていました」

 ここ数年は一軍と二軍を往復するシーズンを過ごしてきた。そんな日々を近くで見守りながら指導をしてきた朝山コーチ。堂林の打撃の変化をこのように感じている。  「これまでの堂林は浮き沈みが激しい打者でした。でも今シーズンに関しては良い状態を持続できていて、起用してみたいと思わされます。結果を残せているのは、自分の打てる球をしっかり打って、ボール球を追っかけず、ボール球を見逃せているからでしょう。あと、甘いストライクを簡単に見逃す傾向が以前からありましたが、今季に関してはその甘い球もしっかり振っていけています。もがき続けている堂林をずっと見てきましたが、自分の中で殻を破らないといけません。いろんな人にアドバイスを受けていると思いますが、最終的には自分に合うものをしっかり見つけてそれを貫き通せるか。そこだと思います」

【関連記事】