Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

王貞治、山本浩二、江川卓……引退した年に「すごい成績」を挙げた選手たち

配信

週刊ベースボールONLINE

・王貞治(巨人) 引退した年=40歳 ※1980年 129試合出場、打率.236、30本塁打、84打点 ※通算成績 2831試合出場、打率.301、868本塁打、2170打点 王貞治 自らの“美学”を貫いて静かにバットを置いた“世界の王”  不滅の大記録「868本塁打」を放った王貞治は引退した1980年もすごかった。打率は規定打席をクリアした2年目以降で最低の数字だったが、19年連続30本塁打以上を達成。まだまだできると思われたが、11月4日に現役引退を表明し、「王貞治としてのバッティングができなくなった」と語った。引退表明から4日後のセ・リーグ東西対抗戦では、1本塁打を含む4安打と大活躍で、ファンたちが引退を惜しんだ。

・山本浩二(広島)  引退した年=40歳 ※1986年 126試合出場、打率.276、27本塁打、78打点 ※通算成績 2284試合出場 打率.290、536本塁打、1475打点  NPB史上唯一大卒で500本塁打を達成した長距離砲。地元・広島出身で絶大な人気を誇り、背番号「8」は球団史上初の永久欠番となっている。現役最終の1986年も主力として十分の働きだったが、大学時代から抱えていた持病の腰痛は限界に。同年はリーグ優勝を飾り、西武との日本シリーズは第8戦までもつれこむ大熱戦。最終戦に敗れて日本一は叶わなかったが、試合後の広島市民球場は浩二コールが巻き起こり、ナインに胴上げされた。

・江川卓(巨人) 引退した年=32歳 ※1987年 26試合登板、13勝5敗、防御率3.51 ※通算成績 266試合登板、135勝72敗3セーブ、防御率3.02  まさかの引き際だった。引退した1987年はプロ2年目から8年連続2ケタとなる13勝をマーク。エースとしてまだまだ活躍できると周囲は見ていたが、江川は違った。阪神の新人・八木裕に本塁打を打たれ、広島の小早川毅彦に自信を持って投げ込んだ直球をスタンドに運ばれるなど衰えを自覚して引退を決断。2ケタ勝利できないときはやめるという信念を持ち、「来季は2ケタ勝利できない」として、球団の慰留を押し切り引退した。

【関連記事】