Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“コロナ婚”したアラフォー女性、「一人でも生きられると思ったけど…」

配信

女子SPA!

 こんにちは。恋愛コンサルタントの菊乃です。  3~4月「結婚することにしました」という報告をかなりいただきました。交際中のカップルもお出かけしにくいし、不安なニュースばかりで心細くなりやすい状況だからこそ、このタイミングで夫婦という形に関係を進めたカップルが何組もいたのです。

新型コロナがきっかけで結婚した女性

「入籍しました。以前の私なら絶対に彼を選ばなかったと思います」  アラフォーの洋子さん(仮名)もそんな女性の一人。このご縁こそ、新型コロナウイルスや昨年の台風がなかったら実らなかったのではと思います。  洋子さんは自分のことを「一人でも楽しめるタイプ」と言っていました。20代後半に婚活をしたきっかけは、一緒に旅行を楽しんでいた友達がどんどん結婚していき、一度だけしてみようと婚活パーティーに参加したそうです。  しかし、それも長くは続かず……。気晴らしに一人で海外旅行をしたら「行きたいところも全部ひとりで決められるし、友達に合わせなくていいから楽しかった」と、そこからおひとり様街道まっしぐらで、それはそれで充実していたそうです。  そもそも「結婚しなかったとしても、やるだけやってみてからの方がいいかなと思って」ぐらいで、結婚できなくてもいいぐらいの気持ちだったそう。婚活を始めて、出会いはあるのに誰を選ぶべきか分からなくなり相談に来たのです。  結婚相手の男性、正田さん(仮名・40代半ば)とはちょうど一年前、結婚相談所で知り合いました。初めて出会ったとき、洋子さんは「なしですね。悪い人じゃないけど、全然楽しくない」と言っておりました。高学歴だけれど、年収は洋子さんと同じ400万円台、一緒にいて楽しくないならばあえて選ぶ必要もないと感じたのでしょう。 「初対面の女性を楽しませることができるアラフォー独身男性なんて残っている方が訳ありかもしれないし、相手は緊張していただけかも。もう一回試しに会ってみたら?」と伝えたところ、洋子さんは渋々会うことを承諾したのです。

【関連記事】