Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高齢の親にすすめたい! 鍼灸師が教える「簡単ツボ押し」で身体の不調を改善する方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

取材・文/坂口鈴香 コロナ禍の日々。緊急事態宣言は解除されたとはいえ、いまだ家に籠りっきりという高齢の親は多い。運動をしようとしきりに呼びかけられているが、足元が怪しかったり、腰痛を持っていたりする高齢者にとっては、運動を毎日続けるのは簡単なことではない。 そこで、今回は簡単ツボ押しで、家籠りによる身体の不調を改善する方法を、鍼灸師の畑中豊さんに伺った。

◆そもそもツボって何?

別名を経穴といいます。東洋医学では人の体の中には流れがあり、体の中と外を滞りなく巡ることで健康な体を維持していると考えます。この流れが体の面に出ているところを経路といい、その中でも特に反応の出るところを経穴(ツボ)といいます。 なんらかの不調が起こると、体の流れが悪くなり、その反応は全身のツボにあらわれます。ツボは体の治療点であると同時に、診療点でもあるのです。 ですから、ツボを刺激することで全身の流れを調和させることができ、体調を管理できるのです。 ずっと家にこもっていて、体を動かさないでいるとさまざまな体の不調があらわれます。その代表的なものが肩こりです。 肩こりに効くツボ 「肩井」(けんせい):乳首の真上の線で、肩の一番盛り上がっているところで、押して痛みがあるところ

◆肩こり

「肩外愈」(けんがいゆ):肩甲骨の内側上の骨際

「手三里」(てさんり):肘を曲げてできる皺の外側から指3本分親指の方へ行ったところ

ツボ押しのやり方

「肩井」と「肩外愈」:右肩は左手で、左肩は右手で押します。 体が硬く、手が上がらない人は、無理しない範囲で行いましょう。 凝りが強い人は、押しながら、肩や首をゆっくりと回すと効果的です。 「手三里」:親指でゆっくり押しましょう。 その際、押されている方の手を閉じたり開いたりすると効果的です。

家族や夫婦で押す場合

「肩井」や「肩外愈」:相手に椅子に座ってもらい、その後ろに立ちます。両方の親指を使って、上からゆっくりと心地よい圧で押します。 あまり難しいことを考えずに、押して気持ちよいところを探してください。 「手三里」:相手と向き合って座り、相手と握手します。空いた方の手で、外側からツボの部分をゆっくり押していきます。 心地よい程度の圧で押しましょう。 基本的には、自分も相手も押す(押される)ときに息を吐き、力を抜くときに行きを吐きます。2人で行うときには、相手と呼吸を合わせることでさらに効果が出ます。

【関連記事】