Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クロちゃん、爆破バットの餌食「お前は邪道じゃない。汚いだけの男」大仁田への暴言がアダに…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 8月いっぱいで閉園となる都内の遊園地・としまえんに大爆音が響き渡った。    27日にとしまえんで開催されたのは、プロレス団体DDTの名物企画・路上プロレスだ。DDTは過去にもとしまえんで路上プロレスを行なっており、今回はさよならとしまえん公式イベントとしての開催に。 【映像】クロちゃん、爆破バットの餌食  しかもメインイベントには大仁田厚が出場。メインイベントが「路上電流爆破デスマッチinとしまえん」という、前代未聞にして空前絶後の闘いとなった。  閉園後のとしまえん、そのメリーゴーラウンド「カルーセルエルドラド」前という抜群のロケーションで展開されたメインイベント。対戦カードは大仁田厚&高木三四郎&クリス・ブルックスvs竹下幸之介&青木真也&宇野薫。青木の誘いで総合格闘技のレジェンドである宇野が参戦するという超異色カードだ。  加えてこの試合、青木が記者会見で大仁田の8度目の引退を要求。これに大仁田が「8度も9度も10度も一緒じゃ!」と応じたため、試合は「大仁田厚、負けたら即引退マッチ」として行なわれることに。  少し前まで家族連れでごった返していたとしまえん、そのメリーゴーラウンド前。選手たちとともに安田大サーカス・クロちゃんも登場した。クロちゃんはこの試合の「特別立会人」をオファーされていたが、大仁田は試合出場を要求。「4vs3でやってやる! 決定じゃ!」と、クロちゃんを爆破する気満々だった。

 ゴングが鳴ると、当然のように試合は荒れ模様。爆破バット、久々投入の「爆破ロケット」を誰が被弾するのかが大きな焦点となったこの試合。  まず爆破バットを食らったのがレジェンド・宇野。そこに乱入したクロちゃんがロケット爆破のスイッチをオン。すると青木を抱えた大仁田が二人してこれを被弾。激しい火花に包まれる光景は凄まじい迫力だ。爆破ロケットを被弾した二人はしばし立ち上がれない。責任を問われたクロちゃんは「なんで俺のせいにするの!?」と絶叫。  その後、クリスを長テーブルに寝かせた竹下がラダーのさらに上から「としまえん94年間ありがとう!!」と豪快ダイブ。  ここで試合終了かと思いきや、最後はやはりクロちゃんだった。大の字の大仁田に向かって上から「邪道、邪道言って、引退したり復活したり…お前は邪道じゃない。汚いだけの男なんだよ」暴言を吐いた。  そんなクロちゃんをDDTの高木大社長が後ろから羽交い絞めにして「俺ごといってくれ」と叫ぶと、不死鳥のように復活した大仁田が爆破バットを一閃……やはりクロちゃんにとって、としまえんという場所は鬼門すぎた。一方、クロちゃんから3カウントを奪った大仁田は8度目の引退を免れると、クロちゃんに向かって「今度はシングルマッチだ」と吐き捨て、新たな展開を予感させた。

【関連記事】