Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

開幕検証!ドラゴンズの「昇竜復活」態勢はどう整ったのか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

開幕検証!ドラゴンズの「昇竜復活」態勢はどう整ったのか? 待ちに待った日がやって来た。新型コロナウイルスによって、大きな影響を受けてきた2020年プロ野球のペナントレースがいよいよ6月19日に開幕。史上初の事態となった3か月もの開幕延期は、各チームの戦い方にどんな変化をもたらすのか?例年よりも調整期間が長かった中、中日ドラゴンズの臨戦態勢はどう整ったのか?

新型コロナの新ルール続々

東京五輪・パラリンピックのために、例年より3週間ほど早く3月20日に開幕を迎えるはずだったシーズンは、新型コロナの影響で逆に3か月も足踏みを余儀なくされた。 おのずから2020年は大きな変化がある。試合数は143試合から120試合に、2割近くも少なくなる。交流戦とオールスターゲームは中止、セ・リーグについては、本拠地が屋外球場のチームが多いこともあって予備日の関係からクライマックスシリーズ(以下CS)も中止される。ゲームは延長10回で打ち切りになる。 その一方で、連戦がずっと続くことから、ベンチ入りの選手の数が1人増えて26人になる。12球団それぞれが今季限定の新ルールの中で未知なる戦いに臨むことになる。 7年連続Bクラスと低迷が続くドラゴンズだが、ここ数年の中では戦力が整ってきたとの評価の声も多い。

先発投手陣への期待と心配

開幕ローテーションは固まった。 ここ2,3年、若手投手の台頭が見られ始めていたが、この中に、去年はケガで出遅れた小笠原慎之介投手、小気味いい投げっぷりで昨季3勝を挙げた山本拓実投手、そして将来のエース候補として期待が高い梅津晃大投手、この3人の若手がローテ入りすることは実に魅力的だ。 さらに、岡野祐一郎投手にも15年ぶり新人でのローテーション入りの期待が高まる。ベテラン吉見一起投手も練習試合では健在ぶりを示すなど、久しぶりに駒がそろってきたという印象だ。 しかし、忘れていけないことは、ノーヒットノーランを達成した大野雄大投手にしても、初の2ケタ勝利を挙げた柳裕也投手にしても、過去の例から2年連続で大活躍できる保証はないということだ。投手陣の整備はシーズン通しての大きな継続テーマとなる。

【関連記事】