Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「マスクで肌荒れ」に要注意!気を付けたい2つのスキンケア

配信

CanCam.jp

外出には必須になったマスク。 いつもよりニキビができやすくなったり、肌の調子が良くなかったりと、肌トラブルを起こしてしまうケースもあるようです。実際、ザ・プロアクティブカンパニーが女性385名に行った調査によると、マスクの長時間着用によって肌荒れが起きた方がなんと7割以上も! 1日10分で脂肪燃焼!「なわとびダイエット」の効果がスゴい そこで、野村皮膚科病院院長の野村有子先生に、マスク肌荒れの原因と対策方法を伺いました。

マスクによる肌荒れの原因は?

「マスク肌荒れの主な症状は、肌の赤み、ヒリヒリ感、かゆみ、そしてニキビの悪化です。 マスクによる肌荒れの原因の一つは、マスク繊維による刺激です。布マスクも何回か洗って毛羽立つようになると、肌を刺激する要因になります。マスクの淵が当たる部分の肌が特に赤くなるという特徴があります。 またマスクを着用していると、自分の呼気でムレやすくなっています。そのため肌の角質がふやけて、毛穴が詰まりやすい環境に。これから気温が上昇し、さらに汗をかいてムレやすくなり、口の周辺や頬などマスクで覆われる部分にニキビができることもあります。毛穴が詰まりやすいなどもともとトラブルがある方は、重症化する可能性があるので、早めのケアが大切です」(野村先生) それでは、マスク着用時の肌荒れを防ぐスキンケアを2つ紹介します。

1.肌への刺激軽減と保湿を意識したスキンケア

「マスク肌荒れの予防の1つ目は肌への刺激を少しでも減らすこと。 皮膚への刺激を防ぐため、マスクの内側に薄い布を挟むといいでしょう。ガーゼが理想的ですが、ハンカチや着古したTシャツなど柔らかく肌なじみがいいものをマスクサイズに切って利用するのもオススメです。耳にかける部分がヒリヒリする方は、ゴムの部分に柔らかい布を巻くのも1つの方法です。 またスキンケアは、保湿が肝心。洗顔後の保湿はもちろんですが、カサカサしたりヒリヒリする方は、クリームを多めに使うなど保湿を重視しましょう。 乾燥によって皮膚の角質層の柔軟性がなくなると、マスクによる刺激を受けやすくなります。また皮膚の水分が少なくなるとバリア機能も低下し、トラブルが起きやすくなるので保湿は重要です」

【関連記事】