Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京都の小池知事と並び称された、NY州のクオモ知事の人気が急上昇中!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

新型コロナウイルスが猛威をふるい、パンデミックにより世界中で感染者数に歯止めがかからない状況が続いている現在。アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、アメリカの感染者数は約82万人(4月22日時点)で、なかでもNY州は全米最多となる25万人超という深刻な感染状況が続いている。 【写真】ルイ・ヴィトンやアルマーニも!新型コロナとの戦いに力を入れるブランド そんななか、エモーショナルな言葉で語りかける毎日の会見や、Twitterで随時発信する具体的なメッセージにより、新型コロナウイルス対策で住民たちからの支持が上昇しているのが、NY州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)知事だ。 その人気の秘訣は、この未曽有の危機における卓越したリーダーシップ。日増しに感染者が増えるNY州のひっ迫した状況を米連邦政府に訴え、緊急事態宣言もいち早く発令。家賃支払いの猶予から病床数の確保など、具体的な取り組みが住民たちに支持されているようだ。 時には、あのドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領とも、新型コロナウイルス対策をめぐって対立。お互いに「仕事をしろ!」と名指しで批判していたが、4月21日(現地時間)にはホワイトハウスで大統領と会談し、新型コロナウイルスの検査を倍増させるため協力するという合意も取り付けている。 日本では、東京都の小池百合子知事の新型コロナウイルス対策が高い評価を受けているが、小池氏の対応とリーダーシップの高さをアメリカのニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの2紙は、「まるでクオモ知事のようだ」と評したことも。

クオモ知事の人気はとどまるところを知らず、4月6日(現地時間)には、コメディアンのランディー・レインボー(Randy Rainbow)がとある動画を公開。ミュージカル『グリース』の劇中歌『Sandy』のパロディ、その名も『Andy』と題した動画では、「コロナが収束したら王様になって」「お願いパパと呼ばせて」と、ユーモラスな表現でクオモ知事への愛を表現している。 新型コロナウイルスの対策をめぐり、日本のみならず、世界各国で首長たちのリーダーシップが問われている現在。自ら率先して行動を起こし、ニューヨーカーたちの支持を集めるクオモ知事の姿勢は、日本の政治家たちも見習うべきなのかもしれない。

【関連記事】