Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スーパー戦隊シリーズのレジェンド・萩原佐代子が語る科学戦隊ダイナマン「撮影初日、崖から海に飛び込めって言われ、大変なところに来ちゃったなって思いました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

「スーパー戦隊ヒロイン大特集号」として7月20日に発売された『週刊プレイボーイ31・32合併号』。 【画像】『科学戦隊ダイナマン』の立花レイ 最新作『魔進戦隊キラメイジャー 』の新條由芽、工藤美桜をはじめ、小宮有紗、大久保桜子、山崎真実らスーパー戦隊シリーズ出身女優のみでラインナップされたグラビアに、歴代ヒロインたちによるお宝水着グラビア満載のカラー特集「週刊プレイボーイが撮り続けた美しきスーパー戦隊ヒロインたち」など、新旧の戦隊ヒロインが勢ぞろいした永久保存版となっている。 その発売を記念して、『海賊戦隊ゴーカイジャー』でアイム・ド・ファミーユ役を演じた小池唯さんに続き、『科学戦隊ダイナマン』(1983~1984年放送)で立花レイ役を演じた女優、萩原佐代子さんのスペシャルインタビューをお届けします。 彼女は『ダイナマン』終了後、『超新星フラッシュマン』(1986~87年放送)で悪の幹部レー・ネフェルを熱演。ヒロインと悪役を両方演じた、スーパー戦隊シリーズのレジェンドともいえる女優だ。『ダイナマン』『フラッシュマン』の日々を振り返ってもらった。 *** ――萩原さんは、一部のスーパー戦隊ファンの間では「シリーズ史上No.1の美人」と言われています。相変わらずおキレイですね。 萩原 いえいえそんな(照)。でも、ありがとうございます。今はもう地球ではなく家庭を守る、ただの主婦なんですけどね。 ――あははは。ダイナピンク役はどんな経緯で決まったんですか? 萩原 高校の頃、モデルをやっていてカネボウモデルの全国コンテストに出たんです。それを見て、私を覚えていてくれたプロデューサーさんが声をかけてれたんです。もう、すごくうれしくて!  もともと私、特撮オタクだったんですよ。特に『仮面ライダー』と『キカイダー』が好きで『ウルトラセブン』と結婚することが夢でした。 ――『ダイナマン』より先に『ウルトラマン80』(1980~81年放送)に出演し、ユリアン=星涼子役を演じていましたよね。 萩原 はい。ウルトラマンとスーパー戦隊シリーズを両方できるなんて本当にうれしかったです。でも、あそこまで激しい現場だとは想像してなかったけど。 ――というと? 萩原 アクションは、JAC(ジャパンアクションクラブ)の方がやってくれるものだと思っていたんです。でも撮影初日、「崖から海に飛び込め」って突然言われて。これは大変なところに来ちゃったなって思いました(笑)。 それからは宙に吊るされたり、採石場の砂利道を転がったり、毎日アザばかり作ってました。

【関連記事】