Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

関ジャニ∞大倉忠義が照れた、成田凌の役作りの話 『窮鼠はチーズの夢を見る』会見レポ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-WAVE NEWS

関ジャニ∞の大倉忠義と成田凌が26日、都内で行われた映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開)の完成報告会見に行定勲監督と参加した。 【画像】会見の様子や予告編はこちら 漫画家・水城せとなによる人気コミックを映画化。あらがえぬ想いに身を焦がす恭一(大倉)と渉(成田)の姿を通して、人を好きになることの喜びや痛みを描き出す。 大学の後輩・渉との禁断の恋に身を焦がす恭一役の大倉は「6月公開が延期となったけれど、予想よりも早く公開されることを嬉しく思っています」と公開決定に喜びつつも、無観客でのイベント実施ゆえに「こんな状況なので客席もまばらですが……。ちゃんと注目されているのかな?と心配」と苦笑い。客席には報道陣と関係者しかおらず、成田も「拍手もまばらだしねぇ」と慣れない様子だった。 同性愛をテーマにした作品だが、大倉は「そこまで何かを特別に感じることはなくて、今の時代だからこそというのもある。そこまで不思議には思いませんでした」とフラットな面持ち。成田も「僕もスッと入ってきた。真っ直ぐな作品だと思った。どうやって役を作っていこうかとワクワクしたのを覚えています。原作では強烈な言葉があるけれど、脚本には余白があって、僕らが立っているだけで何かが伝わると思った」と映画ならでは脚色の魅力を口にしていた。 劇中では、大倉を見つめる成田のウルウルした目も印象的。当の成田は「まとっている空気やオーラが濡れていたいと思った。家の中のシーンは最後の方で気持ちも入っていい場面なので、濡れたい!と思いながらやっていました。大倉君はカッコいいから」と撮影を振り返る。それに大倉は「ありがたい……。でも、こっぱずかしいじゃないですか」と照れた様子だった。 大倉の撮影現場での立ち振る舞いについて行定監督が「大倉君はわかりやすくない人。それが役にも反映されていて、そこに渉がいじらしくツッコんでいこうとする」と回想すると、成田は「大倉君は声をかけてもフラッとどこかに行ってしまう。それですごく寂しくなるんだけれど、嫌われているのではない勝手な安心感があった。寂しいなと思いつつ、自分は嫌われてはいないぞ!と思って、しつこく行っていました」と片想い状態に照れていた。 打ち上げの席で成田が「お先に失礼します、チュと。当たり前かな?」と大倉にキスをしたことを明かすと、当の大倉も「打ち上げの帰りにさよならのキスをされた、というだけの話。それで作品が終わったんだなと感じた」と語る。成田は「ピリオド・キスです。何がいいって、みんなの前じゃなくてコソッと」と詳細を明かして微笑していた。 『窮鼠はチーズの夢を見る』は、9月11日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

【『窮鼠はチーズの夢を見る』STORY】

学生時代から「自分をすきになってくれる女性」ばかりと受け身の恋愛を繰り返してきた、大伴恭一。ある日、大学の後輩・今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会。「昔からずっと好きだった」と突然想いを告げられる。戸惑いを隠せない恭一だったが、今ヶ瀬のペースに乗せられ、ふたりは一緒に暮らすことに。ただひたすらまっすぐな想いに、恭一も少しずつ心を開いていき…。しかし、恭一の昔の恋人・夏生が現れ、ふたりの関係が変わりはじめてゆく。 (『窮鼠はチーズの夢を見る』公式サイトより)

【関連記事】