Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いま話題のクルマのオールシーズンタイヤ! もともとあった「M+S」タイヤとは何が違うのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

今話題の「オールシーズンタイヤ」だがじつは以前から存在した

 今冬は暖冬で降雪量が例年に比べ少なく、スキー場などには厳しいシーズンとなった。それでも雪国で生活するドライバーは雪道専用タイヤに換装し、いざという降雪に備えていたことだろう。首都圏など市街地に住むドライバーはというと、例年雪道用タイヤに換装するかどうか、換装する時期はいつがいいか、と悩まされる。 普通のクルマで砂利道を延々走っても大丈夫なのか  首都圏でも降雪はあるが、それが何日も続くことはほとんどない。積雪量も少なく5センチ程積もったとしても翌日には溶けてなくなっている。運悪くクルマで移動中に降雪に合わなければ夏用タイヤのままでも過ごせない冬はないといえる。もちろんスキーなど降雪地域に出かける場合は雪道タイヤを装備するか、チェーンを携行していくべきなのは言うまでもない。  近年はカーシェアを中心にレンタカーの利用者も激増していて、レンタカー事業者は貸し出し車両に装着するタイヤにも悩まされているだろう。借り手が雪国に出かけるというなら雪道用タイヤを装着して準備するしかないが、突発的な降雪に対応するには冬季は雪道用タイヤを常備しておかざるをえない。  そうしたなかで今脚光を浴びているのが「オールシーズンタイヤ」の存在だ。オールシーズンタイヤとはその名の如く夏の熱いアスファルト路面でも、冬のちょっとした降雪時でも走行できるタイヤとして設計されている。1年中同じタイヤで走れるため、シーズン毎にタイヤ交換をする手間や悩みから解放されることになる。  じつはこれまでもオールシーズンタイヤに類するタイヤは数多くあった。

かつてはSUVのためのものだったがいまは幅広いジャンルに対応!

 タイヤのサイドに「M+S(マッド+スノー)」の表記があるタイヤでおもにSUV系車両に標準装着されているケースが多い。M(マッド)は「未舗装の悪路」を示し、S(スノー)は文字どおり雪道を意味する。北米の多くの地域では乗用車も含めて、新車標準装着タイヤとして「M+S」タイヤ装着を義務付けている。広大な大地を誇る北米では、舗装路ばかりでなく未舗装路が多く存在するし、南北の緯度も大きく冬には降雪する地域もあるためM+Sタイヤでないと安心して大陸移動ができないのだ。  国内でもM+Sタイヤを標準装着するSUV型車両は増えていて、通年使用ができるので首都圏ユーザーにはありがたい。ちなみにM+Sの刻印があれば高速道路などの「冬用タイヤ(滑り止め装置装着)規制」下でも走行できる。  従来はこのM+Sタイヤをオールシーズンタイヤと呼んでいたのだが、その利便性の高さから普通セダンやコンパクトカー、スポーツセダンなどより乗用タイプの車両にも適したタイヤを求める声が高まっていた。セダンタイプの車両に装着するにはハンドリングなど乾燥舗装路での操縦性や高速安定性、静粛性、転がり抵抗改善などが求められ、また低ミュー路面での発進性を確保しなければならない。それらを実現するには高度なタイヤ設計技術が必要で、近年それが可能になってきているといえるのだ。  最新のオールシーズンタイヤにはM+Sの刻印表記に加え「スノーフレークマーク」の刻印が追加されている。スノーフレークマークは欧州で冬用タイヤとして認証されたタイヤであることを示す標だ。その刻印の形状から正式名称は「スリーピースマウンテン・スノーフレークマーク(3PMSF)」と呼ばれている。M+Sが低速での雪道走行性、発進性能を重視しているとすれば、オールシーズンはよりハイスピードでの雪道走行性能を可能とし、オンドーロでの使い勝手も向上しているといえる。ただスノーフレークマーク仕様でも高速道路などでの「チェーン規制」には適合しない。M+Sタイヤ同様「冬用タイヤ規制」のみ通行可能となる。  セダンやスポーティモデル、クロスオーバー系スポーツSUVなどに装着するならオールシーズンタイヤのニューモデルが市街地ユーザーにはおすすめだが、クロスカントリー系SUV車オーナーには従来のM+Sモデルがよりマッチするだろう。  ただいずれにしても雪道での走破性は雪道専用タイヤに対して大幅に劣る。

中谷明彦

【関連記事】