Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

夏のコーヒー界にレモネードブーム スタバとドトールを飲み比べ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 毎年夏になると、様々なアイスコーヒーを期間限定で発売するコーヒーチェーン。今年の夏は、コーヒーとレモン、さらには炭酸という組み合わせでメニューを展開する店が目立つ。 【写真】レモネードのインパクト強めなドトールコーヒー『コーヒーレモネードソーダ』

 スターバックスコーヒーは炭酸なしの「コールドブリュー コーヒー フローズンレモネード」を発売。ドトールコーヒーは炭酸入りの「コーヒーレモネードソーダ」を発売している。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏は、こう話す。

「数年前から海外で“コーヒーレモネード”が話題になっていて、さらに今年はレモネード自体がトレンドになっているということで、日本のカフェチェーンでも投入されたという形でしょう」

シャリシャリレモンが爽やかなスタバ

 スターバックスコーヒーでは、『コールドブリュー コーヒー フローズンレモネード』(ショート390円、トール430円、グランデ470円、ヴェンティ510円、税抜価格)が販売されている。

「長時間かけて水で抽出した『コールドブリューコーヒー』とフローズンレモネードを合わせたドリンクです。凍ったレモネードを使っているのが大きな特徴です」(小浦氏)

 そこで、普段からスタバの『コールドブリューコーヒー』を愛飲しているマネーポストの記者Aが、この『コールドブリュー コーヒー フローズンレモネード』を飲んでみた。

「スタバの『コールドブリューコーヒー』のスッキリとした飲みやすさが好きなんですが、レモネードとの相性は正直どうなのかな、と思っていました。でも、いざ飲んでみると、とても爽やかで美味。フローズンレモネードのシャリシャリとした感触も涼やかで、クセになりそう。レモネードの甘さと酸っぱさは控えめな印象です。コーヒーの風味とレモネードの甘酸っぱさが、上手く融合していると思います。炎天下に、ごくごく飲みたくなります」(記者A)

レモネードのインパクト強めなドトール

 一方、ドトールコーヒーでは、『コーヒーレモネードソーダ』(Mサイズ、店内飲食340円、テイクアウト334円、税込価格)が販売されている。

【関連記事】