Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あなたが一番好きな「M-1グランプリ歴代王者」は誰?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 2001年からスタートし、2011年から4年のブランクがあったものの2015年に再開したM-1グランプリ。常に新しい漫才のスタイルを表舞台に問いかけ、数多くのお笑いファンや一般視聴者を湧かせています。 【投票経過】ランキングTOP5を見る  そんなM-1は、敗者復活枠から王者が誕生したり、出場ラストイヤーに悲願の優勝を飾ったりと、笑いに加えてドラマも味わえる一大イベント。見ている人それぞれにも、一押しのコンビがいることでしょう。  今回は「歴代M-1グランプリ王者」を紹介していきます。あなたが一番好きなのはどのコンビですか?

●中川家

 2001年優勝。剛さんの飄々としたボケと、礼二さんの達者なしゃべりのテンポよいツッコミは兄弟ならでは! 優勝した当時から風格漂うたたずまいで、剛さんの犬モノマネや礼二さんの車掌モノマネ・ラグビーネタなど、それぞれの多才ぶりにも目を見張るものがあります。

●ますだおかだ

 2002年優勝。スベり芸がウリの岡田さんのツッコミを、増田さんが軽くいなして進んでいく漫才はどこかクセになる味わいです! 淡々とボケる増田さんと、アツい岡田さんのコントラストが魅力ですが、最近はピンでの活動も目立ち、2人の漫才が見られる機会は今やレアともいえます。

●フットボールアワー

 2003年優勝。のんびりとした岩尾さんの予測不能のボケと、語彙力豊かで鋭い後藤さんのツッコミは唯一無二。緩急のある漫才は彼らだからこそできる技で、近年では岩尾さんはイジられキャラ、後藤さんは例えツッコミの名手としても活躍。

●アンタッチャブル

 2004年優勝。ハイテンションで次々に繰り出される山崎さんのボケに、全身全霊でツッコむ柴田さんのコンビネーションは超絶技巧! 長らくコンビでの活動を休止していましたが、2019年になって復活し話題を呼びました。

●ブラックマヨネーズ

 2005年優勝。吉田さんが次々に繰り出す屁理屈に、小杉さんが振り回される独自のスタイルを確立させ、予測できない方向に転がっていく漫才が魅力です。吉田さんの顔や小杉さんの薄毛などを、自らイジる自虐スタイルも鉄板。

【関連記事】