Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パソナ本社移転で注目の淡路島にコロナ移住…釣り三昧、体重5キロ減。大変なことは…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

みんな都会の生活に疲れているのだろうか。東京から兵庫県・淡路島への移住を決め、何気なくFacebookにアップしたこんな投稿(下のスクリーンショット)が、私自身のSNS史上、最高のいいね数を獲得したのだ。 【全画像をみる】パソナ本社移転で注目の淡路島にコロナ移住…釣り三昧、体重5キロ減。大変なことは… 筆者は約2年をかけて取材、執筆した『ルポ技能実習生』を5月に出版。その報告をFacebook上でした際もたくさんの「いいね」をもらったが、それでも82「いいね」だった。 加えて、多くのコメントももらった。 「うらやましい!」「淡路島めっちゃいいなあ!」 家賃の安さが「いいね」なのか。海まで歩いて行けるロケーションが「いいね」なのか。

駐車場付き・2DK一軒家が月4万円

新型コロナ感染拡大の影響で海外からの出入国に大きな制限がかかり、予定していた特定技能で働く外国人の取材がかなわなくなった。そこで筆者が次なる取材テーマに選んだのが地方と農業だった。 兵庫県の淡路島で農業を始める友人の仕事を手伝いながら、地方から日本を眺めようと、6月に淡路市北東部の漁師町・仮屋に引っ越した。 確かに、三密を避けて家に閉じこもる生活を強いられる都市部の友人からは、淡路島の生活は「いいね」だろう。東京では外出するにもマスクは欠かせず、建物が隙間なく立ち並ぶ都心部では、ほっと息する場所もない。 一方、淡路島の暮らしは、どこでも一息つける。漁港にある船舶を係留するための係船柱や、砂浜に流れ着いた流木、畑に転がる石など、一息つける場所は山のようにある。吸う場所がないと約3年前にやめたタバコも、また吸い始めるようになった。 友人の紹介で、地元の方から借りた一軒家は、2DK・駐車場代込みで4万円。買えば180万円という。淡路島に暮らしながら、ゆっくり家を探したいと購入は見送ったが、都心のように家賃に縛られることのない生き方は、まさに「いいね」の対象だろう。 さらに淡路島は、最近大きな注目を集めた。人材サービス大手のパソナグループが、東京都千代田区にある本社の主要機能を淡路島に移すことを明らかにしたのだ。 同社はすでに2008年から淡路島に進出し、レストランやカフェ、テーマパーク「ニジゲンノモリ」などを展開しているが、これまでとは規模が違う。 テレワークやワーケーションなど、コロナで働き方が変わるなか、2024年5月末までに東京本社に勤める人事や広報、経営企画などの社員1800人のうち、1200人を淡路島に移すと発表したのだ。 同社の南部靖之代表は、毎日放送の取材にこう話している。 「世界中から、日本中から、淡路島で働きたいというモデルケースをつくりたい。真に豊かな人生が味わえることがいかに大切か、そのモデルケースを都会の方に見せたい」(MBSニュース、9月1日)

【関連記事】