Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『認知症保険』選びを徹底解説! 患者によるトラブルで720万円を請求された事例も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME
『認知症保険』選びを徹底解説! 患者によるトラブルで720万円を請求された事例も

※写真はイメージです

 厚生労働省の将来推計によると、2025年には65歳以上の5人に1人、約470万人が発症するといわれる認知症。国民病ともいえる病気の介護・医療費で老後不安が増すなか、2016年に太陽生命保険が業界初となる認知症保険を発売。その後も認知症に特化した保険は増え、今年に入って日本生命、住友生命、明治安田生命などの大手生命保険会社からも相次いで新商品が登場した。 「これまで、認知症は、民間の介護保険のなかにある保障対象のひとつにすぎませんでした。しかし、昨今の“長生きするリスク”に対して保障ニーズが高まり、各社、認知症に特化した保険を投入するようになったと考えられます」  そう教えてくれたのは、介護分野にも詳しいファイナンシャルプランナーの黒田尚子さん。認知症をともなうと、一般的な介護よりも経済的な負担が大きくなる可能性が高いという。

本文:4,195文字

写真:2
  • 認知症で発生するお金の負担

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込220
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

週刊女性PRIMEの有料記事

PayPay残高使えます