Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国芸能界の“枕営業”や“性接待”は本当に存在するのか?【大ブーム!韓流エンタメの光と影】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【大ブーム!韓流エンタメの光と影】#2  ドラマ「愛の不時着」(2019年)にカメオ出演し、話題を呼んだ韓流女優チェ・ジウ。日本で「ジウ姫」と親しまれた彼女は約20年前、「枕営業でテレビ局の社長を腹上死させた」と噂されたことがある。  しかし、結論から言うと、これはデマだった。相手とされた元MBC社長が01年に61歳で急死したのは事実だが、死因は夫人とのドライブ中に発症した食道静脈瘤の破裂だ。  韓国芸能界を巡るこの手の話は日本でも何度か騒がれてきたが、真相は拍子抜けすることが少なくない。11年には当時人気を博した女性グループの少女時代やKARAを巡り、「枕営業」疑惑が一部の日本メディアで伝えられた。だがこれらもやはり、根拠の乏しい臆測にすぎない。  その2年前には、女優チャン・ジャヨンの「性接待」疑惑が日本でも大々的に報じられた。チャンは09年3月、ソウル近郊の自宅で縊死。遺族の証言でうつ病による自殺とされたが、死の翌週に「性接待を強要されていた」ことを示唆する本人の文書が登場。韓国中を騒がす一大スキャンダルに発展する。  だが警察の捜査と裁判から浮上したのは、チャンの所属事務所代表Kと独立した元マネジャーYの争いだ。YはKを陥れるため、チャンを言いくるめて性接待を強要されたとする嘘の文書を書かせた。チャンは後にこれを後悔し、うつ病を悪化させたとされる。裁判ではKとYの2人だけが暴行、脅迫、名誉毀損などで起訴され、10年11月にそれぞれ有罪判決が下った。  韓国ではこれを認めず、権力者が事件を闇に葬ったという陰謀論を信じる人が少なくない。そんな人の期待に応えるように、19年3月にはチャンの後輩だった元女優が「性接待の目撃者」として名乗り出ている。だが、ほどなく詐欺や名誉毀損などで訴えられ、出版した手記のギャラと支援者のカンパを手に海外へ去ってしまった。 ■デマや憶測もあるが「本物」もある  もちろん本物のスキャンダルもないわけではない。女性芸能人がSNSなどで「援助交際を持ちかけられた」と告白することはよくある。かと思うと17年2月には、在米韓国人実業家に韓国の女性芸能人およびその志望生の「遠征売春」を斡旋していた芸能事務所経営者らに、有罪判決が言い渡された。  一方で16年2月には、女優ソン・ヒョナの売春容疑に最高裁が無罪判決を下している。ソンは10年に実業家の男性から5000万ウオン(約440万円)を受け取り、性関係を3回持った容疑で起訴されていた。1~2審で有罪判決を受けた彼女は、ついに最高裁で無罪――つまり売春ではなく「純愛」だったとのお墨つきを勝ち取ったわけだ。 =つづく ▽高月靖(たかつき・やすし) 1965年、神戸市生まれ。ノンフィクションライター。韓国事情や性事情など各種社会事象を扱う。主著に「在日異人伝」「キム・イル 大木金太郎伝説」「独島中毒」「ロリコン」「南極1号伝説」などがある。

【関連記事】