Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元卓球少年のフリーアナウンサーに「夢を叶える方法」を聞いてみた(山﨑雄樹・前編)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

フリーアナウンサーの山﨑雄樹さん(45)は、大学卒業と同時に「放送局でアナウンサーになる」という目標を叶えた。 【写真】協和キリンのホームマッチで実況した山崎氏 現在はTリーグで実況を担当するなどフリーとして活躍の幅を広げている同氏は、趣味として続ける卓球でも40代で全国大会に出場するなど、自ら決めた夢や目標を叶える達人だ。 山﨑氏は狭き門であるアナウンサー試験をどうやって突破できたのか?高い目標を達成するコツとは?同氏に教えを乞うた。

アナウンサー志望のきっかけは「生徒会」と「キン肉マン」

ーーアナウンサーに憧れを抱いたきっかけは? 山﨑:きっかけは2つあります。1つ目は小学校6年生の時、明確に「将来アナウンサーになるぞ!」と決めたきっかけがありました。当時、児童会(生徒会)の会長選挙に立候補したんですけど、その時に投票権がある4年生から6年生までの前で行った選挙演説のスピーチが思いのほかウケたんですよね(笑)。 ーーどんなスピーチをされたんですか? 山﨑:僕の名前の雄樹(ユウキ)をモジって、当時のアダ名が「ユーキャン」だったんですけど、演説で「ユーキャンって英語でどんな意味か知ってますか?You Can。あなたはできる、という意味です。僕だったら生徒会長としていい学校にすることができます!」と熱をこめたんです。そうしたら思いのほか反響が大きかった。普通は自分のクラスから立候補した候補者に投票するんですけど、結構他のクラスの子も僕に投票してくれて。2位以下をダブルスコア以上で引き離す圧倒的な得票率で選挙に勝てたんです。 この時に「うわ!言葉って面白い!」って思って。そのことを母に話したら「言葉を使う仕事の代表例」としてアナウンサーを教えてくれたんです。そこからアナウンサーの仕事に興味を持ちました。 ーーもう1つのきっかけは? 山﨑:大好きだった漫画の実況シーンです。僕らが見てたのってキャプテン翼、キン肉マン、タッチなどなど。当時好きだったスポーツ漫画には、必ず実況アナウンサーが出てきますよね。 「おおー!ここで翼くん、ドライブシュート!」とか。 ーー確かに漫画でも実況アナウンサーが読み手を盛り上げますね。 山﨑:こうして身近に感じていたアナウンサーという仕事に興味を持ちながら、テレビを見たり、ラジオを聞いたりしていると「どうしてこんな言葉が生まれるんだろう」とか「この言い回し、丁度いい。淡白でもないしギトギトもしていない。言葉のセンスがすごい」と感じるようになって。そしていつか自分もそういう言葉を使えるようになりたいと思いましたね。

【関連記事】

最終更新:
Rallys