Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前田健太、杉内俊哉、山口俊…ノーヒットノーラン投手、その年の成績はどうだった?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 8月15日に行われたヤクルト対DeNA戦で、ヤクルトの小川泰弘がノーヒットノーランを記録。NPBでは2019年9月14日に中日の大野雄大が記録して以来となる82人目(通算93回目)、チームとしては2006年5月25日に楽天戦でリック・ガトームソン以来8人目の快挙だった。  小川はここ数シーズン実力を発揮できていなかったが、今シーズンは開幕から好調を見せ、この試合でも勝負強さを発揮し何度もピンチを乗り越えた。こうなると今シーズンの「投手タイトル獲得」を期待したいところだが、過去にノーヒットノーランを記録した投手は、その年にタイトルを獲得するような活躍ができたのだろうか?

ノーヒットノーランをはずみに活躍しているのか

 現在のチーム体制となった2005年以降にノーヒットノーランを達成した投手の「その年の成績」を以下にまとめてみた。 ※( )内は達成当時の所属チーム ●リック・ガトームソン(ヤクルト)2006年5月25日 楽天戦で達成 25試合 9勝10敗 防御率2.85 タイトル獲得なし ●山本昌(中日)2006年9月16日 阪神戦で達成 27試合 11勝7敗1S 防御率3.32 タイトル獲得なし ●前田健太(広島)2012年4月6日 DeNA戦で達成 29試合 14勝7敗 防御率1.53 最優秀防御率

●杉内俊哉(巨人)2012年5月30日 楽天戦で達成 24試合 12勝4敗 防御率2.04 最多奪三振、最高勝率 ※最高勝率は当時表彰なし ●西勇輝(オリックス)2012年10月8日 ソフトバンク戦で達成 19試合 8勝3敗 防御率2.78 タイトル獲得なし ●山井大介(中日)2013年6月28日 DeNA戦で達成 23試合 5勝6敗1H 防御率4.15 タイトル獲得なし ●岸孝之(西武)2014年5月2日 ロッテ戦で達成 23試合 13勝4敗 防御率2.51 最高勝率

●山口俊(巨人)2018年7月27日 中日戦で達成 30試合 9勝9敗1S1H 防御率3.68 タイトル獲得なし ●千賀滉大(ソフトバンク)2019年9月6日 ロッテ戦で達成 26試合 13勝8敗 防御率2.79 最多奪三振 ●大野雄大(中日)2019年9月14日 阪神戦で達成 25試合 9勝8敗 防御率2.58 最優秀防御率  2005年以降にノーヒットノーランを達成した10投手のうち、その年にタイトルを獲得したのは前田健太、杉内俊哉、岸孝之、千賀滉大、大野雄大の5人。そもそも5人ともにノーヒットノーランを記録していなくてもタイトル可能性の高い「球界屈指の投手」ということもあるが、モチベーションになったのは間違いないだろう。  タイトルを獲得できなかった場合でも、ガトームソンのように前年よりも優秀な防御率を残したり、山本昌のようにノーヒットノーランをはずみにして2ケタ勝利を挙げたりする例もある。快挙を達成したものの、その後は調子を維持できなかった山井の例(日本シリーズでは快投を見せたが……)もあるが、ノーヒットノーランを達成した年は成績も上向く傾向にあるようだ。  ちなみに、2005年以降は小川も含めて11人がノーヒットノーランを記録しているが、その相手チームはDeNA、阪神、中日、楽天、ロッテ、ソフトバンクの6チームのみ。中日、ソフトバンク以外は複数回という悔しい結果になっている。特にDeNAは最多の3回。今回の小川もDeNA戦での達成だったが、DeNAのファンとしては、応援しているチームがノーノーされるのはもう勘弁してもらいたいところだろう。  ノーヒットノーラン達成投手のその年の成績を振り返ってみた。小川はDeNA戦以降の登板はまだないが、ここまで好調を見せているだけに、今後も快投を見せてくれるはずだ。新人王以来のタイトル獲得も夢ではない。 文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】