Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大規模イベント続々中止の東京ドームが急落! 日経平均株価は続落

配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は続落、一時▲700円弱安も徐々に下げ幅を縮小

2020年6月12日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)  ・日経平均株価 22,305円(▲167円、▲0.8%) 続落  ・TOPIX 1,570.6(▲18.2、▲1.2%) 4日続落  ・東証マザーズ株価指数 999.2(▲7.9、▲0.8%) 続落 東証1部上場銘柄の概況  ・値上がり銘柄数:241、値下がり銘柄数:1,899、変わらず:29  ・値上がり業種数:1、値下がり業種数:32  ・年初来高値更新銘柄数:19、年初来安値更新銘柄数:1 東証1部の出来高は19億416万株、売買代金は3兆3,246億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。新型コロナウイルス感染の影響懸念が残る中、米国株式相場の暴落(NYダウは▲1,862ドル安)を受けてリスクオフモードが一気に高まりました。 また、この日はメジャーSQ算出日だったこともあり、売買代金は3兆3,000億円レベルへ嵩上げされています。 そのような中、日経平均株価は一時▲700円安に迫る急落となりましたが、その後は巻き返して終わりました。結局は続落となりましたが、意外な底堅さが目立ったと言えましょう。 取引時間中の高値は22,350円(▲122円)、安値は21,786円(▲686円)となり、値幅(高値と安値の差)は約564円となっています。 なお、TOPIXも同じような値動きで4日続落となり、終値は連日で1,600ポイントを割り込みました。

東証マザーズ株価指数は続落、売買代金は40日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は2億3,878万株、売買代金は2,513億円となりました。出来高は前日より減りましたが、売買代金は増加しています。 個人投資家の物色意欲が継続し、売買代金は40日連続で1,000億円を上回り、さらに3日連続で2,000億円を上回っています(今年3番目の高水準)。 ただ、新興市場でも利益確定売りが優勢となり、株価指数は続落となりました。また、終値で再び1,000ポイントを下回っています。

【関連記事】

最終更新:
LIMO