Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“旅の予習”にもなるオンライン体験ツアーが盛況。旅行業界のニューノーマルに迫る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

新型コロナウイルスが市場に与えた影響のなかでも、得にダメージが深刻なのが旅行業界。2020年4月から6月の出国日本人数は急降下しており、いずれも前年同月比99%減以上と、海外旅行客はゼロに近い状態だ。 そんななか、旅行会社各社が独自のオンライン体験ツアーを開催し、盛り上がりを見せている。中でも海外旅行のスペシャリストとして世界70カ国に支店を持つエイチ・アイ・エスは、現地在住のツアーガイド等が出演し、旅先の豊富な知識を得られるオンライン体験ツアーを多く生み出している。 また、2015年からスタートした海外での調査代行サービスをリニューアルし、「レンタルHIS」のサービス名で営業代行・ライブ中継・輸出入代行スキームの構築などの取り組みも。今回は、withコロナ、afterコロナ時代の旅行業界のニューノーマルをエイチ・アイ・エス 本社経営企画本部 広報室 三浦達樹さんに聞いた。

オンライン体験ツアーはサブスクリプションモデルが人気

エイチ・アイ・エスでは、4月7日の緊急事態宣言を受け「#うちで過ごそう」と銘打った企画がスタート。GW期間に「バーチャル・ツアー&オンラインセミナー」を無料開催し、視聴者は総勢1000名を超えた。この反響を受け、無料オンライン体験ツアーを5月末まで延長していたが、その後は、一部無料のコースも残しつつ、10$からの有料での販売に切り替えている。 6月以降は「#ふたたび美しい世界へ」とテーマを変え、一部の高額ツアーを除き参加し放題の定額制プランも用意。30日間利用できるベーシック・プラン 50ドル(約5330円)、14日間のライト・プラン 30ドル(約3198円)の2コースがある。 現在、オンライン体験ツアーは36カ国で展開、累計500コース以上のラインアップで、累計参加者は15000名を超えているという。 三浦さんの話によれば、オンライン体験ツアーで高い人気を誇るのが「行った気になる観光セミナー:グランドサークル」。これはグランドキャニオンやモニュメントバレーを含むアメリカ西海岸に位置する公園群を現地ガイドが紹介するツアーだ。

【関連記事】