Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウナギ生態調査 赤い塗料を体内注入し、川に放流 三重・紀北町

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 三重県紀北町では、ウナギの生態を調べるため注射器を使ってウナギの体内に赤い塗料を注入しています。  これは紀北町で7年前から続く取り組みで、印をつけたウナギを川に放流し、その後の動向を追跡しています。  これまでに4420匹が放流され、捕獲されたのは3匹で今回、印がつけられた149匹は、31日、銚子川に放流されるということです。

【関連記事】