Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渡辺麻友、メンバーとの交流は皆無 悩み相談できなかったか

配信

NEWS ポストセブン

「心と体を休めて元気になってほしい」。元AKB48の「まゆゆ」こと渡辺麻友(26才)が6月1日に引退を発表したことを受け、AKB48時代の先輩の高橋みなみ(29才)は、自身のラジオ番組でこう気づかった。 【別写真】まゆゆの大人っぽい美脚ショット

 渡辺は2006年、中1のときにAKB48に加入。2014年の選抜総選挙で1位になるなど中心メンバーとして活躍し、2017年12月31日の『NHK紅白歌合戦』を最後に卒業。その後は女優としてドラマや舞台で活躍したが、最近は露出が激減していた。

「昨年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』を最後にテレビ出演がなく、昨年9月には“皆様に満足いただけるようなコンテンツの更新ができなくなった”という理由でファンクラブを休止。SNSの更新も新年の挨拶以来5か月止まっていました。今年2月には音楽特番『UTAGE!』(TBS系)でアシスタントとして出演する予定が、それも欠席してしまった」(テレビ局関係者)

 だが、決して“干された”わけではなく、引退は所属事務所の発表通り「健康上の理由」からだという。

「朝ドラ出演後、業界内での評価はうなぎのぼり。実際、いくつかの連ドラ出演のオファーが入っていましたが、体調面を理由に断ることが続いていました。事務所社長は所属タレントのケアに手厚い人で、体調の回復を見守りつつも、本人から“引退”の言葉が出たら、無理に引き留めることはしないというスタンスだったようです」(芸能事務所関係者)

 周囲では渡辺の“異変”の兆候を感じ取っていた人も少なくなかったようだ。

「彼女は完璧主義なところがあり、こだわりが強く、“アイドルサイボーグ”などと揶揄されていた。だが、こだわりを言葉にして伝えることが苦手で、少しでも自分の考えと違う点や不満が出てくると、パニック状態に陥ることもありました」(現場スタッフの1人)

 周りのスタッフは渡辺のそうした面を理解しているので、渡辺が何か伝えようとするたびに撮影を止め、本人に確認しながら撮影を進めることもあったという。

【関連記事】