Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

都内タクシー狙う「令和の当たり屋」卑劣な手口

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東洋経済オンライン

 タクシードライバーを狙った悪質な当たり屋に、多くのドライバーが被害を受けている――。筆者にそんな情報が寄せられたのは、9月上旬のことだ。 【写真】当たり屋被害が発生した交差点はどんな場所か  自身もタクシードライバーを務める山田さん(仮名・50代)は、1年前に東京・新橋のマクドナルド前で、発車の寸前に飛び出してきた自転車の男性と遭遇した。彼は「後輪にぶつかった」と主張する。  明らかに怪しい人物ではあったが、面倒ごとを起こしたくない。タクシーセンターや会社に連絡がいけば、数日間の営業停止を命じられる可能性もある。何より個人タクシーの試験を控え、条件である「無事故無違反」を厳守したいがゆえに、警察も呼ばなかった。30分近い示談の結果、しぶしぶ3万円を支払ったという。

 この話だけ聞くと、よくある突発的な人身事故と思われるかもしれない。だが、昨年から何人も同じような被害者が続出し、同様の被害にあったドライバーがいるとすれば、話は別だ。 ■どんな被害が出ているのか  山田さんが同エリアを拠点とする運転手たちに確認していったところ、まったく同じようなケースで金を払ったという運転手が続出した。支払った金額は3000~3万円とまちまちではあるが、その被害数の多さから「集団的な計画的犯行も考えられる」と山田さんは言う。

 直近の2年間で同様のケースの被害にあったという人物は、筆者が取材しただけでも10人を超えていた。だが、おそらくこれはほんの一部であり、実被害はこの何倍にも及ぶ可能性が高い。そして、示し合わせたようにその拠点は東京の港区と中央区、そして千代田区に集中している。  9月9日の23時40分ごろ。着け慣れた六本木4丁目の交差点前に停車していた大野さん(仮名・40代)は、バックミラー越しに車道を走る自転車の存在を確認していた。この日は先輩社員と一緒に、六本木の乗客を乗せるためにこの場所に移動していた。

 目視で、先輩の車が後ろにつけているのを確認する。信号が青に変わり、左折しようとしたその時、不自然に車と車の間を通ってきた1台の自転車が外側のフェンダーミラーを擦っていった。大野さんに“当てた”という感覚はなかったというが、男性が自転車を降り、こちらに向けて手を挙げてジェスチャーをしている。  「やってしまったかもしれない」  想定外の“事故”により、大野さんの頭は真っ白になった。  「降りてこいや!  まず謝るのが先やんけ!」

【関連記事】