Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

酎ハイ1缶飲み運転、交差点で信号柱に衝突 富士見市、男性職員を懲戒免職処分 同乗の母親は重傷

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県の富士見市は9日、飲酒運転で信号柱に衝突するなどの事故を起こしたとして、市自治振興部協働推進課の男性主査(54)を懲戒免職処分にした。 昼食でビール飲み徒歩で帰宅後、息子の代わりに車庫入れして車に衝突 朝霞市、酒気帯び運転の女性職員処分

 市によると、主査は6月17日午後10時ごろ、狭山市の自宅で酎ハイ1缶(500ミリリットル)を飲んだ後に乗用車を運転。同市水野の交差点で、道路左側の信号柱に衝突し、助手席に同乗していた母親に腕を骨折などする重傷を負わせたとされる。  近所の通報で駆け付けた警察官が検知したところ、呼気から1リットル当たり0・4ミリグラムのアルコールが検出された。主査は車でコンビニエンスストアに出掛けて帰る途中だった。

【関連記事】