Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オンライン会議 笑いをノイズにするな !

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日経BizGate

 新型コロナウイルスは、流行初期の段階から、長期化するのではないかと言われていた。現在、日本政府は、感染を抑えながら経済も両立させる政策をとっている。  コロナ禍で、個人差はあるものの、私たちの働き方改革は一気に進み、テレワークも定着してきた。個人的には、早く元の生活に…とも思うが、今後も終息の見込みが定かではないため、私たちの方が変化していくほかないのだろう。  本連載「楽しい職場」では、私自身が研究してきたユーモアや笑いをどのように組織に活用していくかを論じてきた。新型コロナ感染やそれに伴う病気の恐ろしさは、むろん、笑う対象ではない。また、その影響で経済が傾くことも笑えない。とはいえ、感染抑制と経済の両立という難しい課題を抱え、私たちは、日々、働き、コミュニケーションを行う必要がある。

今こそ職場に必要な笑い

 その際、現状の深刻さをふまえて、皆が真顔で厳しい顔をしてコミュニケーションをしていることは健全ではないと思う。世界の笑い研究を参考にすれば、ユーモアを用いることで、私たちは、少なくとも短期的にはネガティブな気持ちを抑え、ポジティブな気持ちになることができる。組織内では、笑うことで気持ちが前向きになることもあるだろうし、ときには、楽しく笑うことで社内の人たちとのつながりを感じることもできるし、一体感も作れるはずだ。笑うことで張り詰めている緊張感を緩和することもできる。一度どっと笑うことで、リセットのような効果が発揮され、別の展開に話が進み新しいアイデアにつながっていくことだってあるはずだ。さらには、笑いそのものが未来への希望へとつながることもあるはずだ。こうした意味では、辛いときにこそ、笑いは必要である。  とはいえ、対面では、マスクを着用しているため笑う顔は見えにくい。楽しくても興奮して話したり、大声をあげたり、爆笑をしたりしてしまうと飛沫感染のリスクが増してしまう。笑いは、家族のように生活を共にするごくごく限られた関係性のものになってしまったのかもしれない。そのため、職場での笑いは減った可能性もある。だが、マスク越しでも、私たちは、笑い声を聴くことができるし、相手の表情もつかむことにだいぶ慣れ始めてきた。さらに、コミュニケーションの機会は、オンライン上を含めればコロナ禍前よりも増えたようにも思える。

【関連記事】