Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日章学園、退任する早稲田監督のラストマッチを勝利で飾る

配信

高校サッカードットコム

 小嶺忠敏監督率いる長崎総科大附と、早稲田一男監督率いる日章学園。九州の高校サッカー界を牽引する両者の対戦は後者に軍配が上がった。 【フォトギャラリー】長崎総科大附 vs 日章学園  九州高等学校(U-17)サッカー大会(決勝トーナメントから35分ハーフ)の最終日が福岡県の博多の森陸上競技場で2月18日に行われ、3位決定戦で日章学園が長崎総科大附を2-0で撃破。今年度限りで退任する早稲田監督のラストマッチを勝利で飾り、3位で大会を終えた。  ゲームは序盤から一進一退の展開となり、互いに中盤で激しい攻防を見せる。日章学園はCBの古賀照也(3年)を中心に手堅い守りで相手の攻撃をシャットアウト。ボールを奪うと、素早く攻守を切り替えてショートカウンターを仕掛ける。一方の長崎総科大附は日章学園の攻撃陣を警戒し、前日までのポゼッションスタイルから守備重視の戦術に変更。相手2トップの木脇蓮苑(1年)、小野大斗(2年)にマンマークを付け、攻撃は手数をかけないロングボールを放り込むスタイルでゴールをこじ開けにかかった。  互いに譲らずスコアレスで終了し、迎えた後半。流れをつかんだのは日章学園だった。システムを4-4-2から4-1-4-1に変更。攻撃の厚みと高い位置でボールを奪うべく、ボランチの葭岡遥来(1年)をシャドーに上げた。すると、この策が見事に的中。前で相手にプレスをかけながら、パスを受けた際には積極的に攻撃を仕掛けていく。すると、55分だ。日野海土(2年)のラストパスを葭岡がゴール前で受けると、胸トラップからネットを揺らして先制弾。これで勢いの乗ると、続く67分にも日野の右クロスからゴールを奪い、勝負に蹴りを付けた。  試合後、辛口で知られる早稲田監督も選手たちを賞賛。とりわけ、2得点を挙げた葭岡については、「前半はイージーミスが多く、良くなかった。だけど、よく2点をとってくれましたね。これで一皮向けてくれた良い」と期待の1年生ボランチに賛辞を送った。  今年度限りでチームを離れる指揮官のラストゲームを勝利で締めくくった日章学園。早稲田監督が35年をかけて一から作り上げた伝統を継承しつつ、今季どのような戦いを見せるのか。進化が問われた九州新人戦で、上場の滑り出しとなったのは間違いない。

【関連記事】