Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【F東京】長谷川健太監督、MF平川に期待「建英と比較されて悔しい気持ちはあったと思う」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 F東京の長谷川健太監督が15日、オンライン取材に対応。前節の神戸戦(2△2)で今季初めてメンバー入りしたMF平川怜に期待を寄せた。  平川はユース出身の4年目で、年齢は昨季までクラブに在籍したスペイン・ビリャレアルのMF久保建英より1つ上。長谷川監督も「建英と比較されて、片やスペインで活躍、片や試合に出られない。悔しい気持ちは相当あったと思う」。昨季は半年間J2鹿児島で修行。心身ともに、ひとまわり大きく成長して帰って来た。「着実に成長している。変化は我慢できるようになったところ」とコツコツトレーニングに取り組み、努力を重ねる姿勢を評価した。  神戸戦では1分と短い時間だったが、今季初めてピッチに足を踏み入れた。「持ってる力を見せてくれた。チャンスがあればどんどん使っていきたい」と今後も積極的に起用していく考えを示している。1か月の延期が決定しているACLとの両立も考えると、平川をはじめ若手の活躍が大きなカギを握ることは間違いない。  チームは現在リーグ3位。16日にはホームで大分を迎え撃つ。5日の対戦では1―0で勝利しているが、指揮官は「前回と同じイメージでいくとやられる」とリベンジに燃える相手を警戒。目の前の一戦に向けて気を引き締めた。

報知新聞社

【関連記事】