Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ビジネスの極意】コリン・パウエル元国防長官に学ぶリーダー術

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

チームを作成するに際し、重要なことは何か? チームを成功に導くためにはどうすればいいか? リーダーシップとマネジメントに悩む、すべてのビジネスパーソンのためのノウハウサイト「識学式リーダーシップ塾」から、チームとして成功するリーダーシップの極意を学ぼう。 * * *

リーダーシップの極意は「個性が違う人材の組み合わせ」にある

大きな組織になれば複数のリーダーシップが必要になり、組織は複雑になってきます。仕事をする場合のマネジメントの役割は、この複雑になったチームをまとめて成果を出すことです。 問題は、誰をリーダーにするかでしょう。仕事していると、同じリーダーでもいろいろなタイプの人がいることがわかります。細かいところにうるさいタイプ、拘らないタイプ、優しいタイプ、怒らせると怖いタイプ、いろんな人がいます。 では強い組織を作るには誰をおくべきでしょうか。 人の気持ちを鼓舞するのが上手い人でしょうか? それとも、優秀で頭の切れる人をおくべきでしょうか。

コリン・パウエル氏に学ぶリーダー術

「個性の違うタイプの複数の指揮官を組み合わせよ」と言っている人がいます。 それは米国で国務長官を務めていたコリン・パウエル氏です。ジャマイカ系の移民2世で、ニューヨークのストリートに生まれた彼は、陸軍に入り、最高位まで上り詰めます。 1991年の湾岸戦争では米国の統合参謀本部議長として、米国の陸軍、海軍、空軍、海兵隊を統括する立場につきます。また、米国の外務大臣に当たる国務長官に、黒人として初めて就任したことでも知られています。 国務長官になる前の彼は、もともと軍隊の指揮官として、率いる部下たちにモチベーションを与え、尚且つ命を落とさないように慎重に指揮する必要がありました。 そんなパウエル氏が書籍「リーダーを目指す人の心得」で明かしたさまざまな極意は非常に興味深いのですが、その一つが「個性の違うタイプの人を組み合わせよ」ということです。「人材の組み合わせの妙」と題した章から、元アメリカの国務長官のマネジメント術を学んでみましょう。

【関連記事】