Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【秋メイク】チークで生命力あふれる顔立ちに! 気持ちがアガるメイクをしよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

自分を愛でてHappyになろう 私がアガるメイクが一番!

新しい時代を生きる私たちにとって、メイクが持つ意味や役割とは何だろう? それはきっと、心が高鳴り笑顔になれる、日常の中の小さな魔法。誰かのためでなく、私自身のために――。「MAQUIA」10月号から、気持ちが上がるメイクをご紹介します。 【最新! 秋新色コスメ速報】

私がメイクでアガるのは、頬にふわっとした血色感が宿ったとき。

チークレスなメイクももちろん素敵だけれど、じんわりと色づき生命力溢れる頬は、自分自身でさえ高揚感を覚える特別なもの。曲線に沿って光が走るツヤやかな血色感を見るたび、心がふと、喜びで包まれる。

A 深みのある、少しくすんだトーンを選ぶことがリアルな血色を演出するカギ。ブラッシュ 4082 ¥3700/NARS JAPAN B 肌に溶け込み一体化するリキッドタイプをチョイス。レ ベージュ フリュイド アンルミネール ベル ミン パーリー グロウ 30ml ¥6000/シャネル

1.高め内側にチークを 心まで上を向くよう、頬中央の高め位置に。逆三角形に広がるように、チークAをオン。 2.目の下に輝くレフ板 Bを手の甲に出し、指で目の下にトントンと重ねる。頬の曲線を強調し、瞳まで美しく。

私の心がときめく、 そんなメイクをしよう

【関連記事】