Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

手袋の着用、学校の消毒で新型コロナ感染は防止できるの? 過剰な感染対策を減らすためのポイントとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

新型コロナウイルス感染症が日本で拡大し始めてから、半年以上が経過した。当初は未知のウイルスとして、様々な対策が講じられたが、どのような環境や行為によって感染が広がるのか、ウイルスの性質が少しずつわかり、適切な対策が何かわかりつつある。【BuzzFeed Japan/千葉 雄登】 そのような中、効果がないにも関わらず続けられている対策や、むしろ感染を拡大しかねない対策も存在する。 聖路加国際大学QIセンター感染管理室マネジャーで感染症対策の専門家・坂本史衣さんに話を聞いた。

まずは、どのように感染するのか経路を知って

(1)スーパーや飲食店で店員が感染対策として手袋を着用しているケース (2)学校の校舎などを保護者や地域の人が集まり、広範囲の消毒を行うケース (3)フェイスシールドを着用しているケース 今回、BuzzFeed Newsは坂本さんに見解を伺ったのは、この3つのケースだ。 適切な感染対策がどのようなものか理解をする上で、まずは感染経路について適切に理解することが重要だと坂本さんは指摘する。 新型コロナウイルスは目や鼻、口など粘膜を通じて感染する。そのため、手に付着したウイルスが皮膚から感染することはない。 その上で、自分自身がいる環境のリスクについて適切に理解する必要がある。 「ウイルスがその環境にいるのか、いないのかというゼロイチで考えてしまうと、少しでもいれば『怖い』と感じ、心配になるかもしれません。ですが、実際には環境表面に感染性のあるウイルスがいる可能性がどれだけあるのかという視点、つまり、リスクをグレードでとらえる必要があります」 「病院以外の生活環境、スーパーや学校などで考えてみると、自分が実際に触れる環境にコロナウイルスがいる可能性はゼロではありませんが、高くもありません。巷にたくさんの感染者がいて、周囲に大量の飛沫を飛ばしながら歩いてる状況なら環境汚染のリスクは高いでしょうが、そうではありません」 「また、身体から出たウイルスは現実世界の環境表面でそれほど長く生きていられないだろうと考えられています。ある環境表面に感染性のあるウイルスが残っていて、そこにたまたま触れた手に付着して、さらに感染力を失わないうちに手で顔の粘膜に触れ、細胞に感染するという複数の段階を必要とする接触感染は、飛沫感染に比べてとても効率の悪い感染経路です」 たとえ1%であっても、接触感染のリスクがあれば潰しておきたいという思いを抱く人もいるかもしれないが、その小さなリスクを潰すために要する労力は多大なものだ。それらを天秤にかけると、リスクに見合った過少でも過剰でもない対策を行うことの方が継続できる可能性が高いと言える。

【関連記事】