Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

老後資金に「不安」8割…みんなの「資産形成」、どのようなことをしてるの?

配信

LIMO

2019年に老後資金2,000万円問題が話題となり、老後に不安を感じた人も少なくないでしょう。実際のところ老後にお金がかかるのは事実ですから、早い段階で老後資金を作っていくことも大切と言えそうです。今回は㈱LENDEXが行った「老後に向けた資産形成に関する調査」をもとにして、老後資金に関して見ていきましょう。 この記事の表を見る

老後資金に不安を感じる人は8割。何が不安?

㈱LENDEXが行った「老後に向けた資産形成に関する調査」(調査日:2020年5月12日(火)、調査対象:投資をしている40代後半~60代の男女、調査人数:1,122人、調査方法:インターネット調査、モニター提供元:ゼネラルリサーチ)によると、「老後資金に不安を感じていますか?」という質問に対して79.7%が「はい」と回答しています。 具体的にどのようなことに不安を感じているのかというと、以下の点が挙げられました。 ・「年金受給額が低い」 ・「預貯金に余裕がない」 ・「将来収入がなくなった時の蓄えが少ない」 ・「年金だけで生活ができないのでは? と不安」 預貯金や年金だけでは老後の生活ができないのではないか。この点に不安を感じているようです。

老後のために資産形成をしている人は7割強

老後のために資産形成をしているかという質問に関しては、「はい」と回答した人が73.5%となりました。 具体的には「投資(不動産・株式・NISA・FXなど)」が87.4%、「貯蓄」が79.6%、「保険」が37.7% 、「iDeCo(個人型確定拠出年金)」が17.9%という結果になりました(複数回答可)。貯蓄も大切ですが、それよりも投資などで運用を行なっている人が多いことがわかります。

資産形成はしっかりとできていないと考える人も4割以上

先ほどの質問で資産形成をしている人は7割以上にのぼることがわかりました。実際にしっかりと資産形成ができているのか? という質問に対しては「全くできていない」が4.9%、「どちらかといえばできていない」が39.8%となり、4割以上が「運用ができていない」と回答しています。 老後に向けて運用に課題を感じている人も少なくないのでしょう。

【関連記事】

最終更新:
LIMO