Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「アスリートとして終わったな」一瞬を今も悔やむ男<吉村真晴・第1話>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

思いもよらない一瞬が、その後の自分の人生を貫く瞬間だったことに後になって気づくことがある。 【写真】「いま思い出してもどうかと思う」と振り返る吉村真晴 吉村真晴にとって、この出来事もその一つだったのかもしれない。それは意外にも、試合の勝敗とは別のところにあった。 「2019年6月、ジャパンオープンで吉村真晴選手が中国選手に負けた直後、ボールを踏み潰した」 書くと一文、時間にするとコンマ何秒のその行為が、今も吉村真晴の胸に深く刻まれている。

「気づいたら踏んでいた」

彼自身が座右の銘にしている「人間力」について、こちらが質問したときだ。それは去年、敗戦後にボールを踏んでしまったこともどこか関係しているのか、と。 それまで自らを的確に説明していた吉村の言葉が、ぴたりと止まった。 そして、しばらくの静寂の後、その“事件”について語り始めた。 「あれは自分の中で糸が切れた瞬間ですね。東京五輪を目指しているなかで、次の週の韓国オープンに行くか迷ったぐらい自分としては、あり得ないことでした」。 負けたことより、その自分の行為が、だろうか。 「その自分の行為です。でも、自分はその瞬間って、オリンピックのことや、自分が勝たなければならないという気持ちが、強くあったので、その瞬間って自分がもう覚えてないくらい、なんかもう『ああ!』って踏んじゃってた。試合後に倉嶋監督に『ああいうのはダメだ。止めろ』と言われた。倉嶋監督にも協会にも『ホント申し訳ないです』と謝りに行きました」。

「こんな姿見せたら、誰が盛り上がって誰が感動してくれるのか」

札幌で開催されたジャパンオープンは、五輪前年の格付け高いプラチナ大会。日本の卓球ファンからの注目度も高まっていた。 「自分で部屋に帰って冷静に考えたとき『アスリートとして自分終わったな』って。数多くの日本の卓球ファンが来ていて、なかには自分の応援をしてくれた人もいた。『じゃあこれが東京五輪だったらどうだった?』と考えた。こんな姿見せたら、誰が盛り上がって誰が感動してくれるのか。東京五輪に出る出ない以前の問題だろうって」。 しばらく言葉を探した後、こう続けた。 「オリンピックの舞台は、世界中のアスリートが目指してる場所。みんなが憧れる場所なのに、そこで自分がこの行為をやったらと思ったとき、ちょっと違うなと感じてしまった。ジャパンオープンだから、とかではなく、その先含めて日の丸を背負った選手としてのあるまじき行為。あの時に糸は一旦切れましたね。プツンって。『俺どうしよう』とすごく思いました」。 吉村の言葉が少し震えた気がした。 「今話してるだけでも、ちょっとどうかな、と思う。それぐらい自分にとっては大きな事件でした」。

【関連記事】

最終更新:
Rallys