Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ゲーム&ウオッチ」26年ぶりの復刻に鈴村健一「なんと私、買いそびれてしまいまして…やっちまったよ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、9月7日(月)~9月11日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。

◆三体

中国の作家・劉慈欣(りゅう・じきん)さんのベストセラーSF小説「三体」が、Netflix でオリジナルシリーズとして映像化されることがわかりました。 鈴村は、ストーリーについて「大まかに言うと、宇宙人侵略モノ。宇宙と交信したらたまたま異性文化とつながり、その宇宙人が地球に攻めてくることになって大変なことに……」と触れつつ、「昔からよくある設定ですよね、これ。こすり倒している(設定の)はずなのに、めちゃくちゃ面白い」と絶賛していました。

◆26年ぶり

1980年に発売し、大ヒットした任天堂の携帯型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」を26年ぶりに復刻することが決定。 一般向けの発売は、11月13日(金)。2021年3月末まで期間限定で生産するそうです。 先行予約分は数時間で完売となるほどの反響ぶりで、「なんと私、買いそびれてしまいまして……やっちまったよ」と悔しがる鈴村。「これ、本当に大ヒットしまして。ゲームをしない間はデジタル時計として使えるということで、子どもたちも『時計がほしい!』って言ってね。僕もそう言って買ってもらったんだけど、本当は時計なんて見やしません。ゲームをやるため(笑)」と懐かしんでいました。

◆4億8000万円

新作RPG「百英雄伝」が、クラウドファンディングにて支援を募集したところ、 日本円にしておよそ4億8000万円を突破。ゲームカテゴリーでは、史上3番目となる多くの資金を集めたことがわかりました。2022年10月のリリース予定。 2年後の発売タイトルが、なぜここまで注目を集めているかというと「実は、かつてKONAMIから発売された伝説のRPG『幻想水滸伝』の元制作スタッフが再集結したプロジェクトなんです」と鈴村。「僕もドラマCDに出演させていただいて、『「幻想水滸伝」に出たんですか!?』ってたまに言われることがあるくらい、大好きな方が多い作品」と話していました。

【関連記事】