Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前人未到の14連覇! トライアル世界選手権と室内Xトライアル世界選手権、合計28タイトル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

2007年の初チャンピオンから勝ち続ける

2020年のFIMトライアル世界選手権・最終戦イタリアGPにおいて、レプソルホンダのワークスライダーであるトニー・ボウ(Toni Bou)選手が14年連続14回目のシリーズチャンピオンを獲得した。チームメイトの藤波貴久選手は、25年目のシーズンをランキング7位で終えた。 【写真×5枚】ホンダ「スーパーカブ110」に新エンジン! タイ発表の新型に謎のロングストロークエンジン搭載

大幅なスケジュール変更を経て4大会の開催へ

2020年シーズンのトライアル世界選手権は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて9月に開幕。3週連続開催から1週間を空けての最終戦は10月10日、11日の2日間にわたって行われた。 今シーズンは4大会のみの開催、かつ全ての大会で2日間連続開催の計8レースという変則的なスケジュールとなったが、やはり強さを見せたのは13連覇中のトニー・ボウ選手。開幕戦のフランスGPは優勝/3位、続くスペインGPでは2レースともに優勝、第3戦アンドラGPでは2位/優勝によって、ポイントランキングで2位に10ポイント差をつけた状態で最終戦を迎えた。

最終戦イタリアGPでは1日目に優勝してチャンピオンを決定し、続く2日目にも優勝で有終の美を飾り、2007年に初の世界チャンピオンを獲得してから一度もタイトルを落とさないまま前人未到の14連覇を達成した。ちなみにトニー・ボウ選手は、人口セクションを走破する屋内競技のXトライアル世界選手権の2020年シーズンでも14年連続のチャンピオンに輝いており、28個のタイトルを手にしていることになる。

また、日本人で唯一となるトライアル世界チャンピオン経験者で、トニー・ボウ選手のチームメイトである藤波貴久選手は、最終戦初日を4位、2日目を8位で終えてランキング7位。世界選手権への参戦は25年目という鉄人は、開幕戦6位/6位、第2戦8位/9位、第3戦7位/4位という結果で一時はランキング4位につけていたが、レース数の少ないなか大接戦の末の7位という結果には満足していない様子だった。来シーズンも活躍が期待される。

【関連記事】