Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メッシが通算700ゴールを達成、パネンカでPK沈める

配信

SPORT.es

FCバルセロナの主将メッシは、6月19日に敵地サンチェス・ピスファンで行われたセビージャ戦以来長い間700回目のゴールを求めていた。しかし、カンプノウでのアスレティック・ビルバオ戦(1-0)、バライドスでのセルタ戦(2-2)においてもゴールのチャンスは訪れなかった。 今季ラ・リーガで二桁得点&アシストの達成者は3人のみ そして今回、4度目のチャンスとなるアトレティコ・マドリー戦において、メッシはPKによって通算700ゴールを実現した。キッカーを務めたメッシはいつものように手際よく地面にボールを据え、キーパーを欺くパネンカでネットを揺らした。 このゴールによりメッシはFCバルセロナの公式戦において計630ゴールを達成した。なおこれまでの公式戦でのアシスト数は252にものぼる。 またこのゴールでメッシの今シーズンのリーグ戦での得点は計22となり、また一歩ピチーチへと近づいた。今年もしメッシがピチーチ賞を獲得すれば4年連続の受賞であり、同選手のキャリア上では7度目となる。これは6度受賞の記録を持つ伝説の選手テルモ・サラを超える快挙である。 メッシはこのようにして名GKオブラクを破り、キャリア上通算700回目(FCバルセロナで630、アルゼンチン代表で70)のゴールを達成した。

SPORT

【関連記事】