Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【新型コロナ】厚木の精神科病院で8人が陽性 院内でクラスター発生か

配信

カナロコ by 神奈川新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、精神科病院「相州病院」(厚木市上荻野)は21日、入院患者7人、看護師1人の計8人の感染が確認された、と発表した。うち患者6人は院内感染の可能性が高いという。県はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。また患者2人が中等症で、病院は「単科の精神科病院では、中等症の治療に限界がある。精神科の患者でも早急に転院できるシステムが必要」と訴えている。 【動画・写真】アフリカ布でマスク製作 横浜の工房「OdiOdi」  病院によると、患者は30~70代の男女で、看護師は30代の女性。  3月29日に措置入院をした40代の女性が翌30日に発熱。4月10日に再び熱を出し、検査の結果、15日に陽性と判明した。  女性が入院する病棟では、17日に患者1人、21日に患者5人と看護師の計6人の感染が確認されたといい、病院は患者6人について院内感染の可能性が高いとみる。現在、患者を個室で隔離、看護師を病院に宿泊させている。  病院は女性の感染確認後、県精神保健福祉センターなどに転院を要請したが、実現せず、医療資源も不足する中、症状が悪化するなどしたと説明。症状によっては、精神疾患と新型コロナウイルスの両方に対応できる大学病院や総合病院に転院させるシステムが必要と訴えた。県がん・疾病対策課は取材に「受け入れ先が見つからず、難航している」とし、今後も総合病院などに幅広く当たるとしている。  病院は6病棟に現在、245人が入院。感染が確認された患者のいる病棟には18人が入院している。

神奈川新聞社

【関連記事】