Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マーティ&ドクの“35年後”は?キャストの現在を追う

配信

MOVIE WALKER PRESS

大好きな作品やヒット作の出演者は、ほかにどんな活躍をしているのか?そんな疑問に答えるこの企画。今回は、ロバート・ゼメキス監督が手掛けた大ヒットSFシリーズの1作目『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)だ。誰もがきっと“マイ・フェイバリット・ムービー”の1本に挙げるであろう本作より、マーティやドクらを演じたキャストたちの動向を追ってみた。 【写真を見る】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』同窓会イベントで肩を組む!マイケル・J・フォックスやクリストファー・ロイドほか、現在のキャストの姿をチェック 1985年のカリフォルニア州ヒルバレーに住む、高校生のマーティ・マクフライ。ひょんなことから彼は、科学者エメット・ブラウン博士(通称ドク)が、「デロリアンDMC-12」を改造して開発したタイムマシン(!)に乗って、30年前の1955年にタイムトラベルすることに。元の時代に戻るため、この時代のドクを捜すマーティは、なりゆきで両親が恋に落ちるきっかけを邪魔してしまう。その結果、運命が変わり、彼の存在が消滅する危機に…。かくして、マーティは1985年に戻るのと並行して、高校生時代の両親をくっつけるため奮闘するが…。 全米はもちろん、日本でも大ヒットした本作。米アカデミー賞で音響効果賞を受賞したほか、1989年に『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』、1990年には『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』が公開された。 ■難病と闘い続けるマイケル・J・フォックス<マーティ・マクフライ役> シリーズを通してマーティを演じたのは、ご存じマイケル・J・フォックス。本作への出演をきっかけに世界的スターとなり、そのコメディセンスを生かして活躍。しかし、30歳の時に、進行性の神経変性疾患であるパーキンソン病を発症してしまう。1990年頃から兆候が見られるも、ドラマ「スピン・シティ」に主演するなど活躍していたが、1998年に病気を公表。2000年にはドラマも降板し、俳優活動から退いた。 その後のフォックスは病と闘いながらも、パーキンソン病を世間に周知し、同じ病に苦しむ人たちをサポートする活動を起こしていく。2000年に病気の研究助成のための「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」を設立。2003年には、闘病生活をつづった自伝「ラッキーマン」を出版し、売上の全てが財団に寄付された。アメリカ合衆国2006年中間選挙では候補者の応援CMに出演し、パーキンソン病のありのままの姿でインタビューに応じたほか、毎年のようにチャリティイベントを開催している。 現在は完全とは言わないまでの回復傾向にあり、2010年代に入ってからは俳優業も徐々に再開。2010年には弁護士ドラマ「グッド・ワイフ」の第2シーズンより準レギュラーで出演し、ケニングという神経疾患で運動障害を持った、フォックス自身を投影したようなキャラクターを演じている。2013年から2014年にかけては、13年ぶりの主演ドラマ「マイケル・J・フォックス・ショウ」も放送された。私生活では、1988年に女優のトレイシー・ポランと結婚し、一男三女にも恵まれている。 ■ドクや「アダムス・ファミリー」出演で愛され続けるクリストファー・ロイド<エメット・ブラウン博士/ドク役> 変わり者だが頼りになるドクを好演したのは、『カッコーの巣の上で』(75)などに出演するベテラン俳優のクリストファー・ロイドだ。ドク役以外では、映画版「アダムス・ファミリー」二部作でのフェスター役でも人気。このほか、『ピラニア3D』(10)や『ピラニア リターンズ』(11)といったクセの強い作品にも出演し、『アイム・ノット・シリアルキラー』(16)ではドクの面影がない殺人鬼を怪演した。シリーズ以外にもドクを演じており、アドベンチャーゲーム「Back to the Future: The Game」で声優を務めた(フォックスもゲスト出演)ほか、2011年にはナイキが『~PART2』にインスパイアされた“未来のシューズ”を限定販売した際には、その宣伝映像にドクとして登場している。 本作の共演者たちとの交流は続いており、今年の3月には、フォックスの財団が開催したチャリティポーカーの大会に出席。自身のインスタグラムにフォックスとの2ショット写真を投稿するなどファンを喜ばせた。2010年代に入ってからは数度来日しており、最近では2018年の年末に行われた「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション」に、リー・トンプソン(ロレイン役)やトーマス・F・ウィルソン(ビフ役)と共に参加した。 ■「スポンジ・ボブ」にも出演のトーマス・F・ウィルソン<ビフ・タネン役> マーティやドクと並ぶ重要キャラクターとも言える悪役のビフ・タネン。トーマス・F・ウィルソンがシリーズ三作で、ビフはもちろん、その先祖や子孫を演じている。ウィルソンもまた、この悪役を乱暴者で卑怯、頭も悪いが、どこかユーモラスなキャラクターとして体現して一躍有名となった。本作以降はテレビ出演が多く、「コールドケース 迷宮事件簿」や「BONES ボーンズ -骨は語る-」といった人気ドラマにも登場しているほか、「スポンジ・ボブ」などのアニメで声優としても活躍。余談だが、ビフのキャラクターについては、当時のドナルド・トランプをモデルにしたとされている。(『~PART2』にはトランプ・タワー?によく似たビルも…) ■娘も女優になったリー・トンプソン<ロレイン・ベインズ・マクフライ役> マーティの母親ロレインは、実はフォックスと同年(1961年)生まれのリー・トンプソンが演じていた。日本公開作品は多くはないが、現在まで数多くの映画やドラマに出演している。1995~2000年にかけては主演のシットコム「キャロライン in N.Y.」が放送された。私生活では出演作『恋しくて』(87)の監督ハワード・ドゥイッチと結婚。娘が二人おり、そのうちの一人は『ゾンビランド:ダブルタップ』(19)でマディソンを演じたゾーイ・ドゥイッチだ。 ■監督やプロデューサーと揉めた!? クリスピン・グローヴァー<ジョージ・マクフライ役> マーティの父親でビフにいじめられている姿が痛々しいジョージ。彼を演じていたのは『ギルバート・グレイプ』(93)などに出演するクリスピン・グローヴァーだ。2作目への出演は断っていたのだが、ゼメキス監督とプロデューサーのボブ・ゲイルが、グローヴァーに黙って1作目の映像などを宣伝に使用。さらに、別の俳優を彼に似せた特殊メイクで出演させたため、自身の肖像が侵害されたと訴訟を起こしている。のちにゼメキスとは和解し、彼の監督作『ベオウルフ 呪われし勇者』(07)にも出演している。 ■1作目以降は役を降板したクラウディア・ウェルズ<ジェニファー・パーカー役> マーティの恋人ジェニファー・パーカーを演じたクラウディア・ウェルズは、2作目以降は役を降板している(エリザベス・シューに交代)。これは撮影中に彼女の母親がガンと診断されたため、母をサポートするための苦渋の決断だった。このため、『~PART2』の冒頭には、1作目のラストシーンが流れるのだが、ジェニファー役を交代して再撮影されている。1996年以降は女優業にも復帰し、前述のビデオゲームにも声優として参加した。 本日より、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作が「金曜ロードSHOW!」で3週連続放送される。苦難を乗り越えてきた人、独自の道を進む人、トラブルを抱えた人など、そのキャリアは様々。出演者のその後の背景を知ったうえで本作を鑑賞すれば、感慨もひとしおだろう。 文/トライワークス

【関連記事】