Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

遠藤保仁が試合の流れを変える進言。 南アW杯デンマーク戦にしびれた

配信

webスポルティーバ

サッカー日本代表・心を揺さぶられたベストゲーム第5回2010年6月24日 南アフリカ・ワールドカップ@グループステージ第3戦日本 3-1 デンマーク 【動画】遠藤保仁、得意のPK炸裂  見る者の想いを背負い、世界トップクラスを目指して走りつづけてきたサッカー日本代表。その長い戦いのなかで、歴史を大きく動かした名勝負がある。このシリーズでは、各筆者がそれぞれの時代のベストゲームを紹介していく。 ◆ ◆ ◆  日本代表はこれまでワールドカップに6回出場し、21試合を戦ってきた。  しかし両者にとって、勝てば次のステージ、負ければ即敗退という"生死"をかけた真剣勝負を制したのは、この一度しかない。  2010年、南アフリカ・ワールドカップのデンマーク戦。  グループステージの2試合を終えた時点で、首位は2連勝のオランダ。2位は初戦でカメルーンを下し、2戦目でオランダに敗れた日本。3位のデンマークも1勝1敗だったが、得失点差でわずかに日本が上回っていた。

決勝トーナメント進出をかけたグループステージ最終戦は、日本とデンマークによる直接対決----。  6月24日、極寒のルステンブルクで20時30分にスタートしたゲームは、両チームにとってまさに運命の一戦だったのだ。  試合前からの痺れるようなシチュエーションに加え、キックオフと同時に手に汗握る展開となった。  まず驚かされたのは、日本のフォーメーションである。  それまでの2試合は大久保嘉人と松井大輔をサイドハーフで起用し、遠藤保仁、阿部勇樹、長谷部誠の3ボランチで戦ってきた。しかしこの試合では、スタメンの顔ぶれを維持しながら、遠藤と阿部を2ボランチに据え、長谷部を右サイドハーフ、大久保をトップ下、松井を左サイドハーフに置く4-2-3-1に変えてきたのだ。 「いい流れで来ているのだから、引き分け狙いではなく勝ちに行く」  岡田武史監督は選手たちにそう話し、攻めの姿勢を打ち出した。  だが、本当に痺れたのは、そのあとだった。

【関連記事】