Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ずん飯尾・阿佐ヶ谷姉妹「ゆるふわ中年芸人」大人気の今の時代ならではの深い理由〈dot.〉

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AERA dot.

 ずんの飯尾和樹は、外見も至って普通のアラフィフ中年芸人だ。「ぺっこり45度」「忍法メガネ残し」「屈伸ついでにレディー・ガガ」などの脱力系ギャグの使い手としても知られる。 【写真】超貴重!アラフィフ芸人大久保佳代子の大学生の頃はこちら

 現在、そんな飯尾の勢いが止まらない。バラエティ番組での活躍はもちろん、総務省やメルカリなどのCM出演の仕事も多く、役者としても数々のドラマに出演している。いまやテレビで見ない日はないほどの人気ぶりなのだ。  同じくアラフィフ枠の女性芸人として注目を集めているのが阿佐ヶ谷姉妹である。阿佐ヶ谷姉妹は、その名の通り阿佐ヶ谷在住の渡辺江里子と木村美穂のコンビ。血縁関係はないが、見た目が似ていると言われることも多く、少し前までは同じアパートの一室で共同生活を送っていた。  彼女たちの売りは「おばさんキャラ」である。ネタを演じたりバラエティ番組に出たりするときには、見た目や言動が一般的な「おばさん」のイメージそのままであることを巧みに利用して笑いを取っている。  今のお笑い界では「第七世代」と呼ばれる若い芸人が次々にスターになっている。見た目も華やかな若手芸人には、若者を中心に多くの人の注目が集まりやすい。  一方、飯尾や阿佐ヶ谷姉妹のような「ゆるふわ中年芸人」には、第七世代の芸人のような若さや華やかさがあるわけではない。なぜ彼らのようなゆるふわ中年芸人がいま支持されているのだろうか? それを解くためのキーワードは「優しさ」と「日常感」である。  今の地上波テレビの視聴者の多くは、テレビに癒やしを求めている。視聴者の大半は高齢者であり、刺激的なものを見たいとは思っていない。エンターテインメントとして過激なものや下品なものを求める人は、地上波以外の場所でいくらでもそれを楽しむことができる。  お笑い界にもその影響は及んでいる。最近、人気を博しているのは、人柄の良さで知られるサンドウィッチマンや、相手を否定しない「優しいツッコミ」の使い手であるぺこぱなどである。いずれも面白さに加えて優しさが評価されているタイプの芸人なのだ。

【関連記事】