Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最新の研究で分かった、1日1個の「アボカド」が健康にもたらす効果

配信

ウィメンズヘルス

栄養専門誌『Journal of Nutrition』に掲載された論文によると、ペンシルベニア州立大学の研究者たちは、アボカドを1日1個食べることで、悪玉コレステロール値を改善させる可能性を明らかにした。 最新の研究結果を見ていこう。 この場合の悪玉コレステロールとは、酸化した低比重リポタンパク質(LDL)と小さくて密度の高いLDL粒子のことを指し、どちらも動脈硬化症のリスクを著しく増加させるほか、動脈にプラークが蓄積しやすくなり、心臓発作や脳卒中のリスクが高まるという。 この実験は、21~70歳の体重過多や肥満の被験者45人を対象に行われた。初めの2週間は、アメリカの典型的な食事を食べ、その後の5週間は、コレステロール値を下げるために設計された3種類の食事をランダムに取り入れるように指示を出した。 被験者たちは5週間にわたり、炭水化物が59%、タンパク質が16%、脂質が24%(飽和脂肪7%、一価不飽和脂肪酸11%、多価不飽和脂肪6%)で構成された低脂肪食か、炭水化物が49%、タンパク質が16%、脂質が34%(飽和脂肪6%、一価不飽和脂肪酸17%、多価不飽和脂肪%)で構成された中程度脂肪食か、主要栄養素やヘルシーな脂質の割合は等しいけれど、アボカドを主な脂質源とする中程度脂肪食のいずれかを食べた。 その結果、5週間にわたってアボカドを毎日摂取していた被験者には、酸化した低比重リポタンパク質の数値に9%低下がみられている。 ペンシルベニア州の栄養学教授であるペニー・クリス・イーサートンは、次のように話している。「悪玉コレステロールのLDL粒子の大きさはさまざまです。それらは全て健康に有害ですが、小さくて高密度なLDL粒子は特に有害です。本研究における重要な手掛かりとなったのは、アボカドを1日1個食べていた被験者に、酸化したLDL粒子が少なかったことです」 さらには、アボカドを1日1個食べ始めて以来、心臓発作や脳卒中のリスクを低減する働きを持つ抗酸化物質、ルテインの血中濃度は68%も上昇していた。これを受けクリス・イーサートンは、ルテインには悪玉コレステロールの酸化を防止する働きがあるのではないかと考えている。 「酸化は、がんや心臓病などの症状の基底であることを、多くの研究が指摘しています」と、クリス・イーサートン。「LDL粒子が酸化すると、連鎖反応を起こし、動脈壁にプラークが蓄積する動脈硬化症を促進します。食生活を通して酸化から自分の体を守ることができれば、健康に非常に有益となります」

【関連記事】