Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

爆売れ間違いなし!? トヨタ新型SUV「ヤリスクロス」に詰められた「売れる理由」とは

配信

くるまのニュース

新型「ヤリスクロス」はユーティリティ性能と取り回しの良いサイズを実現

 そんななか、新型ヤリスクロスはデザインをはじめとした点において、じつはライズとRAV4に共通点を多く見出すことができます。

 新型ヤリスクロスのデザインを見ると、テールゲートはC-HRより立てられた印象で、ボディ全体もクーペスタイルのC-HRより、角張ったライズやRAV4に近い雰囲気を持ちます。  また、発売前のため荷室容量などの細かいスペックは明かされていないものの、トヨタは新型ヤリスクロスについて、居住性や荷室空間といったSUVらしいユーティリティ性能と取り回しの良いボディサイズを両立していると説明。荷物を積むことの多いSUVですがこちらも期待される部分です。  新型ヤリスクロスは、ライズをはじめとした人気SUVに見られる、ワイルドなデザインや取り回し性に優れたボディサイズ、広い室内空間といった、売れる要素を持ち合わせるモデルであることがわかります。 ※ ※ ※  2020年2月に発売された新型ヤリスは、発売後1か月間で約3万7000台の受注を獲得。極めて好調な滑り出しとなりました。  新型ヤリスクロスも、発売後同じようにスタートダッシュを決められるのか、いまから注目されます。

くるまのニュース編集部

【関連記事】