Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

孫正義氏、コロナ対策の「出口戦略」に踏み込む 「自粛には政府の早期徹底した補償を」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

ツイッターで提言「感染第2波との戦い、基本はテストと隔離」

 ソフトバンクグループの孫正義社長が10日、ツイッターを更新。新型コロナウイルス感染症の対策について、「EXIT戦略(出口戦略)」の提言を公表した。 【写真】ワンボックス型の移動式PCR検査所を採用する医師会も  緊急事態宣言が延長され、ここにきて俎上に載せられ始めてきた「出口戦略」について、孫氏は踏み込んだ。投稿でまず、「EXIT戦略、感染第2波との戦い、基本はテストと隔離」と、第2波を想定したうえでの基本的な考え方を示した。  そのうえで、「PCRテスト、抗体テスト、抗原テストの併用を適材適所で。隔離は重軽症レベル別」として各種の検査態勢と治療方針の見解を示した。  孫氏はかねてから医療用防護服の独自調達に取り組んでおり、「医療従事者を守る為の防護具。最後はワクチンと治療用抗体だと思います」と強調。  経営者だけに、自粛要請と経済活動についても触れ、「自粛には政府の早期徹底した補償を」と訴えた。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT