Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【続報】「キラキラAsobox」のエターナルアミューズメント、破産開始

配信

帝国データバンク

 (株)エターナルアミューズメント(TDB企業コード:989652953、資本金4800万円、東京都千代田区岩本町3-3-5、代表藤澤義仁氏)は、4月1日に東京地裁へ自己破産を申請し、3日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。  破産管財人は、澤野正明弁護士(東京都千代田区丸の内2-2-2、シティユーワ法律事務所、電話03-6212-5500)。財産状況報告集会期日は9月30日午前10時。  当社は2007年(平成19年)6月に設立。秋葉原の総合アミューズメント施設「エターナルアミューズメントタワーby Asobox」(通称:エアタワ)、アニメ雑貨販売店「Anibox(アニボックス)」を全国に約100店舗出店するほか、クレーンゲーム機を主体におみくじマシン、パチスロマシンなど100種超のアミューズメント機器のレンタルや卸、アミューズメントコーナー運営、景品卸を展開。当社のアミューズメント機器はショッピングセンターや温泉スパ施設、カラオケ店など全国約1000カ所に設置され、売り上げを設置店と当社で定率分配することを特徴としていた。近年は他社からの営業譲渡で直営店舗が増加し、2019年5月期には年収入高約68億2700万円を計上していた。  しかし、一方で積極的な出店により商品在庫が重荷となるなか、2019年10月の消費増税によって店舗の売り上げが減少、昨年末から取引先への支払い遅延が頻発していた。  今年に入り新型コロナウイルスの流行で各店舗の来店者数と売上高が大幅にダウン。3月6日には本店事務所に「新型コロナウイルス感染症対策におきまして感染リスクがあることを勘案して臨時休業とさせていただくことを決定しました」との張り紙を出していた。その後は一部従業員のリストラなど再建策を模索したものの、資金繰りのメドが立たず、3月18日付で「廃業のお知らせ」を掲示、事業を停止していた。  負債は、債権者数約1430名に対し約84億1800万円。