Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Jリーグ、プロ野球ともに7月10日から観客入場解禁へ! 両トップが明言、J初戦は岡山vs北九州

配信

ゲキサカ

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と日本野球機構(NPB)がつくる『新型コロナウイルス対策連絡会議』は22日、オンラインで第10回会議を開いた。終了後、会見に出席したJリーグの村井満チェアマンとNPBの斉藤惇コミッショナーは、政府のイベント開催方針が緩和される7月10日から、観客を迎えての試合開催をスタートさせる方針を示した。  斉藤コミッショナーは会見で「状況を勘案しないといけないが、政府関係の方とも7月10日からやると宣言してもいいという声もいただいている。選手、チームの準備もあるので、よほどのことがなければ7月10日からお客さんを入れていくと宣言していく」と明言。村井チェアマンも「Jリーグも同様の考え方。政府見解、専門家の助言も踏まえて準備して臨みたい」と述べた。  政府のイベント開催方針では「ステップ3」にあたる7月10日から、観客を迎えての試合開催が解禁。観客数5000人か、収容人数の50%の少ないほうを目安とした入場が認められる。さらに「ステップ4」にあたる8月1日からは、収容人数の50%にまで入場可能範囲が拡大される。  一方、Jリーグが策定しているガイドラインでは、観客入場に関する独自の基準を設定している。「ステップ3」では座席間隔を「半径1m以上」取ることが定められており、政府基準よりも少ない入場数に限られることも想定。「ステップ4」では座席間隔を「1席程度」に緩和する。  Jリーグが今月中旬に発表したスケジュールでは、7月10日にはJ2第4節のファジアーノ岡山対ギラヴァンツ北九州戦(Cスタ)の1試合を予定。11日にJ1第4節の2試合、J2第4節の10試合、J3第3節の8試合が、12日にJ1第4節の7試合とJ3第3節の1試合が組まれている。  この日は今月19日にプロ野球が開幕を迎えた後、初めてとなる連絡会議。専門家からは「これほど待ち遠しかったことはない」「国民全員が幸せになった」という声が挙がった一方、「(市中の)感染がゼロになってはいないので、しっかりと感染対策を行っていくということで前向きに考えていく」という提言が行われた。  今後、観客入場が予定どおりに行われるかどうかは「行政との関連が一番大きい。スポーツ庁、都道府県知事の考えに従っていくことになる」と三鴨廣繁氏(愛知医科大)。政府専門家会議にも参加している舘田一博氏(東邦大)は「国の方針を参考にしながら、われわれなりの分析や解析の上でやるべきじゃないんじゃないかというコンセンサスが出たら、お客さんを入れることは控えることも考える」と述べ、今後の感染状況を注視していく姿勢を示した。  その上で東北医科薬科大の賀来満夫氏は「昔のような応援スタイルも将来復活しても良いが、新たな応援スタイルをみんなやっていこう」と指摘。「新たな応援スタイルをつくることが応援になる。観客がクラスターをつくることは選手にとってもリーグにとっても国民にとってもショックなこと。みんなでウィズコロナの時代を協力して応援していこうとお伝えできれば」と観戦者にも感染予防の配慮を求めた。

【関連記事】