Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スター藤井聡太七段に立ちはだかる“中年の星”木村一基王位のストーリー 王位戦を楽しむために知るべきこと

配信

ABEMA TIMES

 7月1日に開幕する将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑戦する第61期王位戦七番勝負。今回の七番勝負は、昨年史上最年長となる46歳で初のタイトル「王位」を獲得した木村に史上最年少のタイトルを狙う藤井という構図が注目されている。 【映像】藤井聡太七段の夏らしい新和服  木村は23歳という遅い年齢でプロデビューし、6度のタイトル挑戦をことごとく失敗し、7度目でようやくその座を掴んだ。そうしたことから「中年の星」と呼ばれたり、自らを「将棋の強いおじさん」と称したりする。  だが、そんな木村のことを一般の人はどれだけ知っているのだろうか。民放の情報番組で野球とサッカー以外の勝負事を扱う時に私がいつも気になるのが、必ず一人の「スター」のみに注目することが多い点だ。今回も「藤井が最年少タイトルを取れるか」といった点にもっとも注目が集まっている。将棋ファン以外の一般視聴者は藤井に勝ってほしいと思っているだろう。だが、こうした見方よりも、両棋士に関する知識を持った方がより王位戦は楽しめる。  今のテレビの状況だと、あくまでも将棋は「藤井の一挙手一投足に注目する芸能ニュース」のようになっているのだ。そこで、木村の半生を描く本『受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基』(樋口薫著・東京新聞)を読み、今回の王位戦をより深く楽しむことにした。  なにしろ藤井については、「勝負メシは天丼が多い」「彼が食べた勝負メシを食べようとその食堂に人が押し寄せる」ことや「将棋会館ではクリアファイルがよく売れた」「愛知県からの移動が大変」など、様々なワイドショーネタを知ることができる。  ところが、テレビでは木村に関して情報が少ない。そこで本書を読んでみたのだが、木村と同じく1973年生まれの私にとっては親近感が湧く人物だった。いくつか箇条書きで共感ポイントを挙げる。 ・2009年の王位戦で元から交流のあった2歳上の深浦康市九段に挑戦した木村は3連勝の後4連敗を喫する。それにより二人の会話が途絶える。深浦は「こちらから声は掛けづらかった。仕事も対局も重ならず、きっかけがなかった」と語った。 ・だが、王位の就位式には深浦も駆け付けた。おそらくこのわだかまりは解けたのだろう。 ・本書を執筆するにあたり、深浦を含めた関係者がことごとく取材に快く応じてくれた、と著者は記す。 ・木村はとにかくよく泣く。本書にはトークショーの様子も収録されているが、こんな記述がある。<まあ、今年の目標はなかないことです(会場笑い)。実は、弟子(高野智史五段)も違うところ(新人王戦)で優勝しまして、その表彰式の時にもちょっと泣いてしまったんですね。ですので、今年は涙腺が緩まないように、強くするというのが目標の一つです> ・木村はとにかく酒が大好きだし、酒席で人々と交流するのも好き、時にベロベロになる。

【関連記事】