Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

群馬が地方大会の代替大会開催に向け検討へ 部活動が再開されれば7月中旬以降に

配信

スポーツ報知

 群馬県高野連は6日、群馬・前橋市で運営委員会を開き、第102回全国高校野球選手権大会とともに中止になった同群馬県大会の代替大会について、開催に向けて検討していくことを決めた。  同県の「社会経済活動再開のガイドライン」の警戒度は現在「2」で、公立校は分散登校の段階。部活動も自粛している。これが「1」に引き下げられ、通常登校に戻って部活動が再開されることを前提に協議を進める。  警戒度が「1」になるのは、最短で今月の中旬以降と想定されている。大会の安全な実施には部活動の再開後、4週間程度の準備期間が必要で、大会が開催される場合の時期は、7月中旬以降とみられる。

報知新聞社

【関連記事】